« 真夏の夜の夢。 | トップページ | 女はつらいよ?! »

2010年8月 8日 (日)

あり得ないブローチ?

暑い、暑過ぎる…。夏が暑いモンだってことは重々承知しているが、それにしても言わずにはいられない。暑いっ!!!今年の夏は「うだるような」なんて表現じゃ甘くない?

連日の猛暑で洗濯機はフル回転。あたくしのワードローブには珍しい爽やかさが売りのワンピースもレースが命のひらひらキャミもなんて書いてあるかまるで分からん英字のメンズライクなTシャツも、通勤で着ただけで汗でぐっしょり濡れるためすぐさま洗濯機へ放り込まれます。ジョシたるもの「アイツ、臭くね?」なーんて言われたらもはや「死ね!」と言われたに等しいですから。

2010080803210000_2 そんな清潔なワンピースを着てamo妹とショッピングへ出かけます。 必要なモノ(友人へのお餞別)から不要なモノ(一目惚れしたくまちゃんキーチャームやらコサージュやら…いわゆる衝動買い☆)を買い込み、家路へと向かいます。

電車は座れずドアに寄りかかっていたところ…足の甲にチクッと痛みが。何で?!と思いよーく見ると…ジーンズと靴の間になにやら蠢いている…?ヒーッ!!!カナブンブン?コガネムシ??なんだか分からん昆虫があたくしの素足にしがみついてるではないかっ!!!

あたくしは何千回・何万回生まれ変わろうともファーブルにはなれない大の昆虫嫌い。カナブンブンだか金持ちらしいコガネムシも小学生が目の色を変えるカブトムシやクワガタもハルイチさんの天敵G(ゴキブリ)もみんなおんなじくらい大嫌いだっつーの!!!どいつもこいつもこの世からなくなってしまえ!と叫びたくなる程。そんなのが、今あたくしの足に必死に止まってるなんて…失神しそうですけど。声にならない叫びでamo妹に助けを求めます。「あ、足…」いい年した大人がほぼ喋れず車内で足を上げている様…傍から見たら異常ですが、そんなことに構っていられる程余裕はない。さすがあたくしと何十年も共にしているamo妹はかるーく、あたくしの足に纏わりついていたカナブンブンだかコガネムシだかをふっ飛ばしてくれました。(そうそう、amo妹はGにも負けない頼りになる奴です♥)胸を撫で下ろすあたくし。それにしても車内で足を上げただけで奇声をあげずに済んで本当に良かった。

そして気がついた…。そういえばこのあいだこの爽やか系ワンピースを干した日、ベランダにカナブンブンなのかコガネムシなのかよう分からん今ココでふっ飛ばしたのとおんなじ虫が転がっていたんですけど…?まさかっ?!誰も頼んじゃいねーのに自らあたくしのストライプワンピースのワンポイントになろうとブローチになったわけじゃーないわよね?ブルッ。寒気が走ります。それを察知した妹が「生きてる昆虫がずっとおなじところに止まっているわけないじゃん!」と、ごもっともな意見を述べました。その一言でホッとするおバカな俺…。

目出度くあたくしから巣立った(?)カナブンブンなんだかコガネムシなんだか分からない虫…ヤツが現在何処にいるのか確かめずにはいられない。そんなに混んでない車内とはいえ、人々はそんなアイツに目もくれず、存在すら気づかず電車の揺れに合わせて動いちゃってる。生きてるヤツも怖いけど、誰かに踏まれて潰れたりしたらそれはそれで怖い。数センチの悪魔(←但し、世間で言うところのただの昆虫)のせいで自分が降りる駅までヤツから目が離せないなんて…。そしてようやくの到着。はぁ、長かった…。これでヤツともおさらばだぜ☆一目散に電車から飛び降りたのは言うまでもありません。

他界した祖母は、その可愛らしい見た目とは裏腹にアブを素手で掴み頭をもぎ取ったり、ムカデと見るやこれでもかっ!と形がなくなるほど踏み潰したり、ゴキブリなんてかるーく一撃で仕留めたりと害虫には容赦なかった。アブ取り名人の血を全く受け継ぐことがなかったあたくしを見て、空から嘆いているかもしれません。んっ?!祖母の器用さもまるで受け継いでねーな。じゃ、何を受け継いだ?!おかん曰く、祖母は料理があんまり好きじゃなかったって言ってたっけ。あたくしが祖母から受け継いだところ…チッ、そこかいっ!

|

« 真夏の夜の夢。 | トップページ | 女はつらいよ?! »

ヒトリゴト。」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20089/36071968

この記事へのトラックバック一覧です: あり得ないブローチ?:

« 真夏の夜の夢。 | トップページ | 女はつらいよ?! »