« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »

2009年6月 8日 (月)

代々木の天国と地獄。

土日のチケットがファンクラブ先行で漏れるという思いがけないアクシデントに見舞われ、一時は全公演参戦が危ぶまれた『ロイヤル ストレート フラッシュ』追加公演4Days。

神は我を味方した!なんとか全公演分のチケットをゲット。そして行って参りました、代々木第一体育館!!!泣いても笑ってもラスト4日間!!!

●1st day(397回目)● 

本日の相方はM嬢♥長年マブダチをしているけど、実は一緒にライブに行ったこと無しだったの。楽しんでもらえるかしら?!と若干の心配をしてたんだけど…あたくしが心配しなけりゃならないトコロはそこじゃーなかった!時間に拘束されるあたいら会社員にとって平日の18時30分開演っつーのは超強行突破なわけで、いくら会社が都内にあると言っても、鐘と共に去らなければ間に合わねーのよ!朝っぱから「前倒し」をキャッチフレーズに掲げ「話しかけんなオーラ」を存分に出し、仕事していたはずなのに。嗚呼、やっぱり!いつもは観ない(信じない)朝のTV占いで「仕事が進まずイライラしそう」なんて縁起の悪い射手座のブービー賞(11位)が脳裏をかすめたと思ったら…案の定当たりやがった…。チッ。

ベル☆サッサはできなかったものの脱兎の如く駆け出し、山手線に乗り込みました。えぇ、メダリスト☆ボルトも真っ青な走りっぷりだったと思います。毎度の事ながら若干迷いなんとか席へ。4Days中ハルイチさんとの距離が一番短かったステージ寄り1階前方の良席でした♥期待してない席の方が良かったりするのは何故なんでしょうね?!ただ…空からの降りモノ関係は396にとって鬼門です。(あ、M嬢の名誉のために言っとくと彼女は全く396ではありません)俺達の一列前と一列後ろのラバッパーがゲットできたテープを手中に収められなかった悔いは残るものの、めくるめく時間はそれはそれはアッ!とゆー間に過ぎ去ってしまいました。ただ…「ぶるるるん」の合図と共に右足の指がつったのにはびっくらこきましたが。何で今?!ケド、思い起こせばフランスの美術館で、ハワイのメインストリートで、通勤途中の横断歩道で、トコロ構わず足がつっていた俺。するってーとライブ中も当たり前?ってか、何の栄養素が足りないのー???

「通路を挟んだリーマンはamoちゃんの恋敵だよ」と、M嬢が耳打ちしてくれたり、コンビ揃って人様の話を聞かないのか「儀式」の際1階席のくせに1階を裏切り2階席に加勢しようとしたりと本当に楽しい楽しい時間でした。初参戦のM嬢もカナリ満足した模様♥

●2nd day(398回)● ←WOWOW祭り☆

一仕事終えた老体にライブは堪えます…。そんな疲れっぷりを学んだ本日のおいらは有給休暇取得!これで時間に追われイライラもせずストレスも溜まらないわ!と代々木へ向かったのですが、なんで1日目より会場入りが遅れるのか自分でも分かりません。今日は4Days中唯一のアリーナ席。しかーし!396サイズでのBブロックは超デンジャラス!思いっきりラバッパーに埋もれちまうのだわ。人様の頭と頭の隙間からそっとハルイチさんを覗き見するしか手はなく…肉眼にこだわってみたあたくしはそりゃもう必死でした。

と、欠伸が!こんなに楽しいのになんで欠伸が出んの???…そういえば肩が重い。悪霊でも憑いてんのか?!巨乳でもなけりゃ、仕事サボっててパソコンも触ってないあたくしに肩コリっておかしくない?まさか!!!こんな日に限って?!

…貧血…。血の気が多いあたくしが貧血?あり得ないんですけど。小学生の頃、炎天下の朝礼で何度「貧血で倒れるか細いジョシ」に憧れたか…。可憐な美少女だけが許されるそんな夢は当然崩れ落ち、健康優良児は一度たりとも倒れることなどなかった…。それなのに?よりにもよってロイスー中のしかもWOWOW祭に気分が悪くなるなんて、どんだけツイてねーの?ラバッパーが健全な汗をかく中、ひとり違うジットリした汗をかくあたくし。生欠伸と脂汗との最強コラボが容赦なくあたくしを襲います。しかも黄色い声援がこんなにも体に悪いとは、本日身をもって知りました。耳をつんざく叫び声…マジ、死ぬかと思った…。結局「サボテン」からおよそ30分、貧血と闘う羽目に。本日の大親友「パイプ椅子」。パイプ椅子、超優しかったなぁ。←遠い目。(とは言え、ラバッパーの振動で吐きそうになった…)そういえば早朝、胃痛でのた打ち回ったアレも原因のひとつ?…喰い過ぎたか?

その後完全とまではいかないもののなんとか復活!大親友「パイプ椅子」と別れを告げられました。案の定テープは取り損ねたものの、(←既に争奪戦意喪失で棄権)爽やかなブルーと白の風船をゲットしたので1勝2敗です。(←しかしながら負け越し)amo妹とゲットした風船は合計4個。終演後、あたいらの風船から目を離さない小学生のチビッコ☆ラバッパーに遭遇!あたくしより小さいモノには優しいのよ♥と2個分けてあげました。イイコトしたと自画自賛のひ弱amo。それにしても明日は大丈夫かな…。

●3rd day(399回)●

この日は一族祭。血と肉を分けたamo一族の本日の席は、1階後方。隙間から覗き見する必要もなく肉眼でハルイチさんを捉えられるわけで、入り口に限りなく近かったとしても昨日と比べたら月とスッポンで何の不服もありません。しかもテープ争奪戦に加われないだけ、諦めもつくってなモンよ♥Nec_0008  以前、従姉妹Nのお子達におみやとしてあげたロマポル☆テープにえらく喜んで遊んでいたということを思い出し、昨日ゲットした風船をあげてみました。と、従姉妹Nが「そういえば昨日写メ送ってくれたお盆なんで買ったのー?」お盆…?ツアーグッズにお盆なんてありませんけど???って!!!今渡した風船だっつーの!「だよねー、お盆なんて買わないよねー」お盆…グッズの企画段階でボツになると思います。それにしてもなんでお盆に見えた?

そんな素っ頓狂な従姉妹の度肝を抜くコトバはまだ続きます。終演後、「ハルイチ、ギター超上手かったねー♥」えぇぇっ?!何を今更…。さんざん一族でライブサーキットを楽しんではゴールドフィンガーに酔いしれたじゃないのっ!!!一体何を聴いていたのか…。従姉妹様、トンチンカン過ぎます…。

アキヒトさんは「鴨せいろ」が大好物だとか。そんなオモローな従姉妹の実家は都内で「hanako」にも載ったことのある蕎麦屋を営んでおります♥「鴨せいろ」超旨いっス♪(←親戚という特権を利用していつもご馳走になってます☆)ハルイチさん、アキヒトさんと来ませんか?そんなことになったら一族総出でお出迎えするのに。「熱烈歓迎!ポルノグラフィティご一行様」って垂れ幕作るのに。勝手に「鴨」増量にするのに。えぇ、勿論その日に限り「看板ツボネ」と化すおいらは当然会社を休んで、蕎麦屋のお手伝い(しかもPG専用配膳係)に向かいます。足手まといだから来んな!!!…嗚呼、親戚の叫びが聞えるのは気のせい…?

●Last day(400回目)● ←いわゆる千秋楽☆

とうとう千秋楽!泣いても笑っても今日が「ロイスー」ラストなの。

そしてこの日初めて、仮想(ネット)世界だけじゃなく、現実のいねむりねこさんとお会いできましたー♥初デートみたいにドキドキしちゃいましたぞ。あたくしがいねむりねこさんのことを勝手にイメージしているように、いねむりねこさんだって想像を膨らましているわけでしょ?「ちぇ、こんなヤツかー」なんて思われたらどうしよう?!なんて柄にもなく緊張しちゃったわけで。しかも初めて会うのがトイレ待ちの長蛇の列前なんて…ロマンティックに欠けちゃいますか?さんざん世界のヤワラも顔負けの396については書きなぐっているのでそれについてはビックリされることはないにしろ、やっぱりドキドキが止まらないー!入り口付近を見つめ待っていると、「amoさん?」と後ろから声がっ!って!まさか後ろから登場だとはっ!!!

そこには華奢で可憐なジョシがおひとり立っておられました。「いねむりねこさん?」キャー、初めまして♥♥♥思えば「ap bank fes'06」でおなじブロックだったことから仲良くなり、それから今に至る3年越しの友情が今日初めて現実化し花開いたの。いねむりねこさんのブログは端々に「頭いい」って言い回しがふんだん。お会いした現実のいねむりねこさんも知的な感じでイメージ通りのジョシでした。開演前だったので、長くはお話できなかったけどまたいろいろお話ししようねー♥

いねむりねこさんと別れ、通称「春日シート」(←勝手に命名)へ向かいます。分かっていました。後ろから2列目のブービー席だってことは。ハルイチさんから遠く離れた席だってことは。それにしても日ごと夜ごとハルイチさんから遠のいてゆくあたくし。嗚呼、この距離が憎い。しかーし!最終日、やっぱり一番の盛り上がりをみせました。MCの掛け合いもサポメンの気合の入れ方も、勿論ラバッパーの愛情も半端なかった。黄色い声援(今日は体調万全で凶器に感じません)も野太い声も愛情に満ち溢れていたし。あたくしもブービー席ながら超楽しみ抜きました。あんなに盛り上がる曲ばかりやったらそりゃもう足腰立たなくなるってば。既に婆化してしまい、4日間の疲れが至るところに出まくっています。そうして夜も更けてゆき、名残惜しくも終演の時間を迎えます。夢のロイスーは過去になってしまいました…。

今回の追加公演で学んだ天国と地獄。やっぱり健康第一!次回は万全の体調で東京ドームに殴りこみをかけます!待ってろ、東京ドーム!!!←最近そればっか。

次回も肉眼でハルイチ様を拝めますように♥♥♥ってか、チケット取れますように!←若干トラウマ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2009年5月 | トップページ | 2009年7月 »