« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »

2009年2月 9日 (月)

邪気・妖魔・悪霊退散っっっ!!!

それはちょっと?!前の話。友人Oさんに有難ーいモノを頂きました!!!

有難いモノとは…曹洞宗のそれはそれは徳の高い「総持寺」の福豆。200902021948000 「総持寺」がどれくらい徳が高いかと言えば、昭和のゆうちゃんこと故 石原裕次郎が眠る菩提寺と言えば分かりますか?「総持寺」の豆まきと言えば「石原軍団」が群れを成して(?)やってくる!と言えば分かりますか??そんな説明じゃ、ちっとも分からん!という方はどうぞ総持寺のHPでご確認ください♥

節分当日、家族揃って今年の恵方「東北東」を向きながら無言で恵方巻きを食した後、有難いお豆で「鬼やらい」をすることになりました。(それにしても無言で食べるって辛いし、全然美味しくない…)

如月の寒空の中、玄関と窓を開け放ちおとんは「鬼は外!福は内!!」と叫びながら見えぬ鬼を外へ追いやります。その後ろから投げつけた豆をおかんに拾われてるとも知らずに…。そしておかんがおとんに向かって「病魔退散!」と叫びながら豆を投げつけます。…あのー、どーでもいいけど投げつけすぎじゃないっスか?まさか、ソレ今拾った豆じゃあ…?

おとんを気遣ったOさんは「お父さん、お豆食べられなかったら体に投げて邪気を祓ってね」と言ってくれたのですが…今のおとんは昔のおとんとは明らかに違います!体内に胃がないにもかかわらず、誰もがビックリするくらいの食欲なのだ。そんなOさんの優しい気遣いをよそに気づけばヤツはバクバク豆を喰らっている!体の中から邪気を祓う魂胆らしい。ま、それって正しい判断だけども。そんな大食漢おとんに負けじとあたくしも福豆を喰い散らかしてみました♥

そんなOさん、福豆一袋に対し福引を一回引いたらしい。寺院といえども商店街のようなシステムなんですな。しかしながら5回引いて全て8等だとは。テレビだとかそういう豪華なモノは一切貰えなかったらしい…。「だけど8等って縁起のいい末広がりの『八』じゃない♥きっとイイコトあるはず!」って言ってみたんだけど、どうやら当たった8等は、「キュウリのQちゃん」「あぶらとり紙」「メモ帳」だったらしい。8等なのに「九?」な「キュウリのQちゃん」や総持寺に何の接点もない「あぶらとり紙」にコメントが全く見つからず、残る「メモ帳」に託し「総持寺のメモ帳なんて有難いじゃん♪」などと言ってみた、Oさんの返事は予想だにしなかった「隣りの石材店のなの…。」嗚呼…。

200902042112000_2 「お母さんは心配性」(←古い上に間違ってます)なおかんは、「足りないのは困る!」とばかりにお菓子の太子堂でお豆を買い、桝に徳の高い福豆Aと普通の福豆Bが一緒くたにされちまいました。どっちが福豆Aが分かりますか?!やっぱり強欲なのは罪なのね。「舌切り雀」でも優しいおじいさんは小さいつづらを選ぶわけで。よって答え、A=チッコイ方☆ん?!この例え、間違ってる?

Oさん、素敵な贈り物アリガトウね♥♥♥

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年12月 | トップページ | 2009年3月 »