« 行ってはイケナイ危険地帯。 | トップページ | 初秋に訪れた果報と憂き目。 »

2008年9月16日 (火)

ハマスタ発、総濡れ鼠の3万人。

行って参りました♥♥♥聖地横浜スタジアムでのロマンスポルノ’08 ~10イヤーズ ギフト~。指折り数えて、待ち焦がれた2DAYS。

サタデーナイト☆フィーバーの巻

夢人島以来の集結…土曜日は華麗なる(?)amo一族での参戦です。参戦の75%が396という一族ほぼチビッコ☆ギャング。しかし全く心配ご無用なのです。体の小ささは態度のデカさでカバーしています。相変わらず学習能力のない一族は、開演時間ギリギリガールズでした。しかも、何度チケットを確認しても席が分かんない。係員のおねーさんに聞いてみても分かんない。チビッコamo族、右往左往で、うろちょろ・ちょこまか。一族総おポンチ?!それもそのはず。ゲートイリグチの真上というイケてんだかイケてないんだかとんと分からぬ席だったのです!えぇ、監視されるにはもってこいの席。(←意味不明)と、ようやく席に着いたと思いきやおもむろにビールを取り出す従姉妹達。あたくし達amo姉妹の下戸とは対照的な酒豪の従姉妹達は「やっぱりスタジアムにはビール!」というイメージは拭えなかったらしい。

そんな(酒豪その①)従姉妹Naは、今回の参戦にあたり2年前のロマポル’06のDVDでイメージトレーニングをしてきたとのこと。従姉妹Naのカワイイ息子ちゃん(小2)が上から降ってくるテープを矢鱈と欲しがっているらしい。何故にそれほどまでにご所望なの?!嗚呼、しかしなんと残念なお知らせ…。こんな後方の席ではテープなんて取れやしねーよ。降ってきやしねーよ。

そしてもうひとり(酒豪その②)従姉妹N。「ポルノって淡路島出身なんだよね?」…違います。淡路島はハマ以外のロマポル会場だってば。「あっ、そっか。そうだそうだ。小豆島の出身だっ!」…違うってばー!だいたい小豆島ってどっから出てきたんだ?「島」しか合ってないし。

帰りに人身事故に遭っちまったものの、amo一族でのライブ参戦はどうやら大成功のうちに幕を閉じたようです。それにしても…あの衣装。ちょっと古いけど「ロック界のテツ&トモ」の間違いじゃないですか?♪何でだろ~何でだろ~♪と振り付きで歌って欲しかったですけど。「ウィッシュ」とおんなじような振りだしな。まぁ、オリジナルもどっちがリーダー格なのかはワカリマセンがね…。

ビューティフル☆サンデーの巻

で、日曜日。野外ライブでのイチバンの気がかり…と言えばお天気でしょう!どの携帯サイトで確認しても18時は雨マークがもれなく登場。チッ。しかしその中でたったひとつだけ曇りマークを全面にアピールしているサイト発見。これを画面メモに登録し、お守りにしてみたチーム☆amoだったのですが…。

誰かハマで強力な雨乞いでもしたんですかい?グレー(曖昧)だった空は雨雲を一気に呼び込みみるみる真っ黒に!白黒ハッキリつけ過ぎだってば。これは来やがるぞ!と思っていたらバケツなんて可愛いもんじゃなく、たらいをひっくり返したかのような豪雨。雨と雷の思い切った自然界のコラボに、なす術もなく合羽を着るのが精一杯な俺たち。当然ステージ上のポルノ様にも容赦なく雨は降り注ぐわけで。水も滴るイイオトコ…そんな生半可なモンじゃなくて、ハマスタ総濡れ鼠!!!凄すぎます。でもね、あれは「惠の雨」だったのかも。だって至るところに転がる「伝説」を目の当たりできたんだもん♥

伝説その① 普段見ることの出来ないオモローなアキヒトさんの前髪とモミアゲ。ご本人もえっらい勢いで豪快に笑っておられました。伝説その② ゴールドフィンガーをお持ちのハルイチさん。雨に打たれ瀕死のギターでのソロはあり得ない旋律を奏でちゃったわけで、普段なら到底聴くこと叶わずなわけでしょ?「俺、ちゃんとメリッサのソロ弾けるんで、また聴きに来てください」と半泣きコメントでスタジアム大爆笑!えぇ、勿論聴きに行きますとも♥♥♥伝説その③濡れ髪のハルイチさん(←超贔屓)はそりゃもー、セクシー・ダイナマイトだったしね。(←アレコレ妄想中の変態)それにしても「ポルノ☆アメフラシ」伝説は10イヤーを迎えた今後も更にパワーアップして付き纏うのね…。

ステージ中央で繰り広げられたアゲハ蝶。アリーナ席ではありながらC2ブロックという端っこ+チビッコのおかげで肉眼でハルイチさんを捉えることはできず、スクリーンをガン見していたんですが…「引き」で映るメンバーとサポメン及びラバッパーに、どうしても違う要素を感じてしまいました。中央を照らす照明は淫靡な赤、周囲に浮かぶラバッパーはマント(合羽)を着用し、篝火の焚かれる中央を一心不乱に見つめ…時折、空を割る激しい稲光…カルト教団のサバトのようだったんですけどー♥一瞬違った世界にあたくしだけ迷い込んでしまいました。幻想的でちょいウットリ。これでステージにシャレコウベでもゴロゴロ転がっていたら百点満点です♥

あー、楽しかったっ!!!容赦ない雨に3時間も打たれるなんてこと、普通の生活ではまるきりないわけで。僧侶の滝修行だってここまでじゃないだろうし、恋を失い失意のどん底に陥ったとしても3時間も雨に打たれる前にさすがに家に帰ります。貴重な体験と勝手な妄想で、とてもいい思い出となりました。

そして何より、ゴールデン☆ポルノテープのゲットに成功!Dsc00698 コレ、乾電池じゃありませんからっ!!!待ってろ、チロペー!!!ちゃんと送るからね♥(←彼が何に使うのかは甚だ不明ですが)大人の威厳も保てたし、一族やチームとの絆と親交を更に深めることもできたし、尚且つ「伝説」も垣間見れ、本当に素敵な二日間でした。ただ…ライブの後に必ず訪れる喪失感…これをどうやって埋めるかが課題。既に抜け殻に成り果ててます。…シワシワ?

|

« 行ってはイケナイ危険地帯。 | トップページ | 初秋に訪れた果報と憂き目。 »

ぽ♥」カテゴリの記事

コメント

amoさ~ん!
総濡れ鼠ライヴからお帰りなさいまし!
ほんと、あんな雷雨の中で傘も差さずに立ってるなんてライヴじゃなけりゃ考えられない!!!
お疲れさまでした
風邪なんて引いてない?

アゲハ蝶は幻想的だったけど、言われてみれば怪しい集団にも見える(笑)
いや、まんまかも!
ポルノファンだからこそ酔えるんであって、これがポルノ好きじゃない人から見たら怪しいかもー!
それにしても、昭仁さんのオモロー前髪見たかったな
それはないだろう!ってくらい崩れてたんでしょ?
そんなの一緒に暮らして一緒にシャワー浴びなきゃ見れないもの!!!ぐはー

投稿: すみか | 2008年9月18日 (木) 22時00分

お疲れ様でした~
うんうん、2日目はめったに見られない貴重なお宝満載でしたねー!
あいにく2日目はスタンドで、ステージセットがちょーどモニターをカンペキに隠したという日ごろの行いの報いを受けたトホホな席だったけど、その隙間からチラリと垣間見える水もしたたるイイ男の晴一さん、ばっちり見えましたよー
水に濡れたイイ男度は昭仁さんより晴一さんにグンパイがあがったよーに見受けられましたわ
amoさんのおっしゃるとーり、昭仁さんのモミアゲ、モミアゲ、モミアゲハ蝶ー!←壊れた

投稿: いねむりねこ | 2008年9月20日 (土) 16時22分

非礼極まりないあたくしをお許しください!一体いつコメントしてくれたんだ?って話ですよ…。

只今(ってかカナリ前)戻りましたっ!!!アキヒトさんのヘアーはなかなか面白かったっス!!!ハルイチさんも「お前の前髪が伝説じゃ」って言ってたし。「ヘアメイクさんがお願いですから、帽子をかぶるかタオルを巻いてくださいって懇願するんじゃー!」とアキヒトさん本人もえっらい勢いで笑ってたよ☆なかなかお目にかかることのできない貴重な画だったのではないか、と。それにしてもスーさん、「一緒に暮らして一緒にシャワー」まではよしとしよう。しかし「ぐはー」とはっ!!!「ぐはー」って何?!まことちゃんは「ぐわっし!」だよ?←関係ないし。カナリ笑いましたけど。

淡路島も盛り上がったんだろうねー♪壊れたスーさんが目に浮かびます。日常生活の鬱憤をライブで発散。コレって正常な人間の在り方なんじゃーないかと自分を正当化してます♥♥♥スーさんもそう思うでしょ???

投稿: スーさん♥ | 2008年9月28日 (日) 00時56分

わーんっ!!!礼儀を欠いたあたくしをお許しください。いねむりねこさんも一体いつコメントくれてんだ?って話だよ。

うーん。「あばたもえくぼ」を差し引いても、雨に濡れそぼったヘアーだけはアキヒト≦ハルイチだったのは間違いないな。でもあんな異常に盛り上がったのは絶対アキヒトさんのヘアーの威力によるものだということは否めない。アキヒト☆ヘアーマジックですよ。

「モミアゲ、モミアゲ、モミアゲハ蝶」笑えます。若干、オシャレ魔女アブみたいな掛け声になってますが。今後この掛け声からアゲハ蝶に入るのを期待します。ま、屋内ならアキヒトさんのモミアゲは正常なんで、意味ワカンナイって言われるの必至だけどね。

そしてあたくしが気になったステージ☆セット。やはりコマツに少ないながらも縁があるあたくし。あのフォークリフトはコマツだったのか?って事ですな。あ、どーでもいい?

投稿: いねむりねこさん♥ | 2008年9月28日 (日) 01時04分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20089/23771745

この記事へのトラックバック一覧です: ハマスタ発、総濡れ鼠の3万人。:

« 行ってはイケナイ危険地帯。 | トップページ | 初秋に訪れた果報と憂き目。 »