« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »

2008年9月28日 (日)

初秋に訪れた果報と憂き目。

あたくしの記憶が正しければ、ウチは確か14階だったはず…。

遡ることおよそ一ヶ月前。恐ろしい一文を目にしたあたくし。何じゃこりゃ?!200809242117001_2 エレベーター停止だとぉーっ?!するってーと?自分の足だけを頼りに階段を昇って降りなければならぬのか???(このマンション、ひとつの棟にエントランスが4つあり、個々のエントランスは繋がっていないため、エレベーター(1基)が止まれば当然昇り降りは自分の足でしなければならない)オイオイ、あたくしを彼岸の住人にするおつもりか???その一文を目にしたおとんは早々に「ホテルに泊まるぞ!」との宣言どおり速攻ホテルを予約、おかんはエレベーターの件を知ってか知らずか在所へ一週間程戻るとの事。刻一刻と迫る停止期間。…とは言え元々深く考えない(世間ではそれをバカとも言う)あたくしはエレベーターにデカデカと書かれていたにもかかわらずその注意事項(警告?)をどーでもいいとさえ思っていました。

200809242117000 そしてとうとうやってくる恐ろしい当日。その日大量の荷物を持って帰宅します。えぇ、生きるための糧的「食料品」ではなく、冬物のコートやらなにやら。何でそんな日に?!とお思いでしょう。自分のおバカっぷりを呪いました。そんな大量の荷物(生きるためには全く不要な上、使用できるのは何ヶ月も後)を持って14階まであがる意味がワカラナイ。目が廻ります、腕が捥がれそうです、膝が笑ってます。まぁ、自業自得なんですけど。何とかたどり着いた14階。こんなに自宅のドアが愛しいなんて。しかも、そんな重い思いまでして昇ったにもかかわらず、未だ袋から出してもいないコート達。

そんな人生楽ありゃ苦もあるさ?!的苦痛を乗り越えたあたくしを待っていたモノ。(←普段は超楽ばっかりしてますけど)神様からのご褒美《ギフト》が舞い込んできました。最近仲良くなったSさん。あたくしの籤運の悪さは以前にもお話したとおり。ハルイチさんを間近で見られるチャンスは悉く潰れておりました。前世の業が原因なのか、嫁に行けぬ呪いばかりか、ハルイチさんに嫌われてる?と凹むような落選・不幸三昧。そんなあたくしをよそにSさんの元に「J-POPなんちゃら」(←覚えろよ)の当選ハガキが届きます。「amoさん当たったよー♪」えぇぇっ?!何ですと?!amo家に届かなかったその光輝く眩しい当選ハガキが貴女の元へ?しかもあたくしを一緒に連れて行ってくれるというのー?もはやあたくしはSさんのパシリですとも。いいえ、僕です!下僕です!!奴隷です!!!「焼きそばパン」速攻で買ってくるよ!

嗚呼、NHKの受信料をちゃんと払っといて良かった!Photo_2 (←イヤイヤ、払ってるのはお前じゃなくおとんだし、当たったのもamo家には全く関係ないSさんだっつーの!)至近距離から拝める(はずの)ハルイチさんにあたくしの思考回路は正常に機能しないと思われます。バカヅラで半開きの口元からヨダレを垂らしながらハルイチさんをガン見しないようにだけ気をつけなければ。まぁ、そんなアホっぷりを全面に曝け出したら、いくらなんでもハルイチさんの記憶に残るでしょうが、さすがにそんな終わってるおポンチっぷりをハルイチさんの脳みそに刻みたくはない。 そして更なる不安要素。あたくしの方向音痴は誰もが驚くカナリの重度です。渋谷…全然得意じゃねーんだよな。チッ。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2008年9月16日 (火)

ハマスタ発、総濡れ鼠の3万人。

行って参りました♥♥♥聖地横浜スタジアムでのロマンスポルノ’08 ~10イヤーズ ギフト~。指折り数えて、待ち焦がれた2DAYS。

サタデーナイト☆フィーバーの巻

夢人島以来の集結…土曜日は華麗なる(?)amo一族での参戦です。参戦の75%が396という一族ほぼチビッコ☆ギャング。しかし全く心配ご無用なのです。体の小ささは態度のデカさでカバーしています。相変わらず学習能力のない一族は、開演時間ギリギリガールズでした。しかも、何度チケットを確認しても席が分かんない。係員のおねーさんに聞いてみても分かんない。チビッコamo族、右往左往で、うろちょろ・ちょこまか。一族総おポンチ?!それもそのはず。ゲートイリグチの真上というイケてんだかイケてないんだかとんと分からぬ席だったのです!えぇ、監視されるにはもってこいの席。(←意味不明)と、ようやく席に着いたと思いきやおもむろにビールを取り出す従姉妹達。あたくし達amo姉妹の下戸とは対照的な酒豪の従姉妹達は「やっぱりスタジアムにはビール!」というイメージは拭えなかったらしい。

そんな(酒豪その①)従姉妹Naは、今回の参戦にあたり2年前のロマポル’06のDVDでイメージトレーニングをしてきたとのこと。従姉妹Naのカワイイ息子ちゃん(小2)が上から降ってくるテープを矢鱈と欲しがっているらしい。何故にそれほどまでにご所望なの?!嗚呼、しかしなんと残念なお知らせ…。こんな後方の席ではテープなんて取れやしねーよ。降ってきやしねーよ。

そしてもうひとり(酒豪その②)従姉妹N。「ポルノって淡路島出身なんだよね?」…違います。淡路島はハマ以外のロマポル会場だってば。「あっ、そっか。そうだそうだ。小豆島の出身だっ!」…違うってばー!だいたい小豆島ってどっから出てきたんだ?「島」しか合ってないし。

帰りに人身事故に遭っちまったものの、amo一族でのライブ参戦はどうやら大成功のうちに幕を閉じたようです。それにしても…あの衣装。ちょっと古いけど「ロック界のテツ&トモ」の間違いじゃないですか?♪何でだろ~何でだろ~♪と振り付きで歌って欲しかったですけど。「ウィッシュ」とおんなじような振りだしな。まぁ、オリジナルもどっちがリーダー格なのかはワカリマセンがね…。

ビューティフル☆サンデーの巻

で、日曜日。野外ライブでのイチバンの気がかり…と言えばお天気でしょう!どの携帯サイトで確認しても18時は雨マークがもれなく登場。チッ。しかしその中でたったひとつだけ曇りマークを全面にアピールしているサイト発見。これを画面メモに登録し、お守りにしてみたチーム☆amoだったのですが…。

誰かハマで強力な雨乞いでもしたんですかい?グレー(曖昧)だった空は雨雲を一気に呼び込みみるみる真っ黒に!白黒ハッキリつけ過ぎだってば。これは来やがるぞ!と思っていたらバケツなんて可愛いもんじゃなく、たらいをひっくり返したかのような豪雨。雨と雷の思い切った自然界のコラボに、なす術もなく合羽を着るのが精一杯な俺たち。当然ステージ上のポルノ様にも容赦なく雨は降り注ぐわけで。水も滴るイイオトコ…そんな生半可なモンじゃなくて、ハマスタ総濡れ鼠!!!凄すぎます。でもね、あれは「惠の雨」だったのかも。だって至るところに転がる「伝説」を目の当たりできたんだもん♥

伝説その① 普段見ることの出来ないオモローなアキヒトさんの前髪とモミアゲ。ご本人もえっらい勢いで豪快に笑っておられました。伝説その② ゴールドフィンガーをお持ちのハルイチさん。雨に打たれ瀕死のギターでのソロはあり得ない旋律を奏でちゃったわけで、普段なら到底聴くこと叶わずなわけでしょ?「俺、ちゃんとメリッサのソロ弾けるんで、また聴きに来てください」と半泣きコメントでスタジアム大爆笑!えぇ、勿論聴きに行きますとも♥♥♥伝説その③濡れ髪のハルイチさん(←超贔屓)はそりゃもー、セクシー・ダイナマイトだったしね。(←アレコレ妄想中の変態)それにしても「ポルノ☆アメフラシ」伝説は10イヤーを迎えた今後も更にパワーアップして付き纏うのね…。

ステージ中央で繰り広げられたアゲハ蝶。アリーナ席ではありながらC2ブロックという端っこ+チビッコのおかげで肉眼でハルイチさんを捉えることはできず、スクリーンをガン見していたんですが…「引き」で映るメンバーとサポメン及びラバッパーに、どうしても違う要素を感じてしまいました。中央を照らす照明は淫靡な赤、周囲に浮かぶラバッパーはマント(合羽)を着用し、篝火の焚かれる中央を一心不乱に見つめ…時折、空を割る激しい稲光…カルト教団のサバトのようだったんですけどー♥一瞬違った世界にあたくしだけ迷い込んでしまいました。幻想的でちょいウットリ。これでステージにシャレコウベでもゴロゴロ転がっていたら百点満点です♥

あー、楽しかったっ!!!容赦ない雨に3時間も打たれるなんてこと、普通の生活ではまるきりないわけで。僧侶の滝修行だってここまでじゃないだろうし、恋を失い失意のどん底に陥ったとしても3時間も雨に打たれる前にさすがに家に帰ります。貴重な体験と勝手な妄想で、とてもいい思い出となりました。

そして何より、ゴールデン☆ポルノテープのゲットに成功!Dsc00698 コレ、乾電池じゃありませんからっ!!!待ってろ、チロペー!!!ちゃんと送るからね♥(←彼が何に使うのかは甚だ不明ですが)大人の威厳も保てたし、一族やチームとの絆と親交を更に深めることもできたし、尚且つ「伝説」も垣間見れ、本当に素敵な二日間でした。ただ…ライブの後に必ず訪れる喪失感…これをどうやって埋めるかが課題。既に抜け殻に成り果ててます。…シワシワ?

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年8月 | トップページ | 2008年10月 »