« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月30日 (土)

行ってはイケナイ危険地帯。

初対面の人と行ってはイケナイ危険地帯がまたひとつamoの辞書に増えました。

むかーしむかし。幼なじみとその彼とその友達の4人でドライブで熱海へ出かけたことがござります。熱海と言えば秘宝館っ!!!(←イヤ、他にもあるだろうよ。)「秘宝館」は超有名で、そこがどういう「秘宝」を展示しているのか分かりすぎるくらい分かっていたので、会って間もない男子と入るような場所では断じてないっ!と抵抗を試みました。がっ!そのスットコドッコイの男子が「俺、入ってみたい!」とのたまわったお陰で、友達ですらない男子とふたりきりで入館する羽目に陥ったのです。幼なじみの彼は「俺、何度も入ってるからもういいや」と試合放棄。あたくしの叫びは聞き届けられず、半ば強制的に中へ押し込められたのです。「初対面」という微妙且つ特殊な関係のため当然盛り上がれるわけもなく、どんより重い居た堪れない空気のまま出口を目指したのは言うまでもありません。今にして思えば、アレこそ「痛い立ち位置」そのものだったのです…。

そしてココにまたひとつそんな場所が生まれました。

記憶障害…だったのでしょうか。(←ってかただのバカ)あたくしは三半規管が弱いことは口がすっぱくなるほど言いふらしていたはずなのに、行き先は箱根だったにもかかわらず、胃は空っぽの上、山道での大親友「フリスク」の存在を丸っきり失念していたのでございます。カーブの度に人様の新品「フリスク」を口に放り込んでは何度となく命拾いをし、未開封だった「フリスク」を短時間で空にしたのはそんな遠い昔じゃなかったはずなのに…。

何ゆえくねくね山道を好んで走りやがるんだ?と言いたくても言えないほど切羽詰った状態にもかかわらず、初対面だったために「おろせーっ!」とも叫べず、我慢に我慢を重ねておりました。「箱根に来て山道に怒りを覚えること自体がそもそも間違っている!」とお思いでしょう。言い訳をさせて貰えるならば、行き先はあたくしが決めたわけではござりませぬ。またまた「初対面」が邪魔します。その邪魔者(?)が「箱根」を指定してきたのです!!!初っ端から異議を唱えることは、いくら協調性のないあたくしですら出来なかったのです…。

そして近づきつつある限界。と、「ココの眺めは最高なんですよ」と峠茶屋の隣りにある展望台でようやく車から脱出することに成功。しかしっ!確かに眺めは最高だけど…気分は超最悪で…しかもこの標高ってことは?!…人間界の摂理として登っちまったら降りなきゃならんわけで…更なる限界が近づくことになったのです。ヤバイ…既に口が利ける状態はとっくのとうに過ぎ去っています。なんとか自分自身を励ましまくり、ようやく地獄の峠道から抜け出したものの、右手に海を臨む真っ直ぐな西湘バイパスですら、体が受け付けないほどに弱っていました。気分がハイなら、窓全開で大音量のサザンをBGMに疾走するのがこの上なく「超気持ちいい」道なのに。おえっぷ。

しかもっ!箱根といえば。ハルイチさんがご母堂様と宿泊した富士屋ホテルの近くを通ったにもかかわらず、ここでまた「初対面」という魔物のせいで「富士屋ホテルに行きたーい♥」といつものワガママが言えずに終わったのです…。箱根という土地は、初対面の人と「行ってはイケナイ危険地帯」でありながら、行きたい場所すら「言ってはイケナイ棄権地帯」だったのです…。

ちぇっ。時空を越えてハルイチさんをあれやこれやと妄想しながら味わいたかったのになぁ。(←変態)今回は楽しい思い出がちっとも増えなかったし、しばらくは「箱根」という地名に虎と馬が走りまわりそうです。

籤運のすこぶる悪いあたくしは、ハルイチさんを間近で見られるという願ってもないチャンスは到来しませんでした…。50名の狭き門…未だ招待状(「カフェイレ」公開録音)が届かないのは郵便事故じゃーないよね?「ポストマン」の怠惰でもないよね???いい加減に現実を見つめろ?!bay FMから届かなかった「ギフト」に、失意の「ダイアリー08/08/30」を涙で青いインクを滲ませながら書こうと思います…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »