« 遠き道、ハマスタ。 | トップページ | 恐怖!ドコモショップの怪。 »

2008年6月30日 (月)

ある日のエマニエル事件。

あり得ない事件勃発。こんな事件人生初です!!!

えぇ、家を出るときは普通だったんです。何が気に入らなくて臍を曲げてしまったのか…今回の主人公は悲劇喜劇のヒロインamoと…そのパンツ。「パンツのゴム」が存在しないにもかかわらず、パンツはちゃんと定位置をキープしていました…えぇ、あの時までは。しかしっ!なんかマタグラ(←ジョシの発言じゃない?!失敬!)が落ち着かない。「アレ?なんかおかしいぞ…」歩を進めるその度にパンツがちょっとずつズリ落ちてくる。えーっ?嘘でしょ???オイオイ、こちとらスカートだぞ!ストッキング穿いてねーぞ?このまま歩き続けたら確実にパンツが足首までズリ落ちる!!!明らかに小学生の時に流行った「パンツー丸見えっ!(振り付き)(←って意味違うしっ!)になってしまう。ヤバイ、ヤバ過ぎる…。人生最大のピンチだ!!!

人様にバレない様スカートの上からブツを押さえつつ、なんとかトイレまで到着。ちょっと、ちょっと!!!トイレに着いたはいいけど、この後どうするよ?日常生活に支障をきたすため、この定位置をキープできないパンツをこのまま穿いてるわけにもいかないが、だからと言って脱ぎ捨てるのも問題だ。どっちかってーとエマニエル坊や似のあたくしが、いきなりエマニエル夫人にはなれねーってば!しかも、にわかエマニエルamoがどうにかコンビニまで買いに行けたとして…レジにイケメンが居たらどーすんだ?「コイツ、なんでパンツなんか買ってやがる?」ってアレコレ痛い想像されないか?!イヤイヤ。百歩譲って購入できたとしても、だ。この穿き古したパンツはどう処理する???

イヤーっ!問題山積み!!!なんでこんな目に?!とこの世の終わりとばかりに嘆くあたくし、いきなり閃いた!交通事故にでも遭って病院に行くんでもなけりゃ、人様に見せるわけでもないパンツくん。ズリ落ちず定位置をキープできればいいんでしょ?ちゃんと隠してくれればいいんでしょ??安心感を与えてくれればいいんでしょ???

その後のあたくしがとった行動。左右を絞って輪ゴムで固く結び、安全ピン(極小)でもはやその機能を果たさないブツとキャミソールとを繋げてみました。輪ゴムと安全ピンのコラボにより、パーペキに落ちない!おお、神は我に味方した!!!あたくしってば天才♥♥♥←ってかバカ?

そんな応急処置を施したパンツくんを結局穿いたまま帰宅したあたくし。早速この「珍事件」を母親に話したところ、腹を抱えて笑ってました。イヤ、ワライゴトじゃねーしっ!コッチは必死ぶっこいたんだって。あたくしを苦しめたブツは、当然市の焼却炉にて火あぶりの極刑に処されました。

たかがパンツ、されどパンツ。この時より、あたくしの化粧ポーチの中に「輪ゴム」と「安全ピン」が仲間入りしたのは言うまでもありません。トウが立っても嫁入り前の娘には変わりなく…こんなド疲れる珍事件、二度と御免です!

|

« 遠き道、ハマスタ。 | トップページ | 恐怖!ドコモショップの怪。 »

ヒトリゴト。」カテゴリの記事

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/20089/21975335

この記事へのトラックバック一覧です: ある日のエマニエル事件。:

« 遠き道、ハマスタ。 | トップページ | 恐怖!ドコモショップの怪。 »