« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »

2007年11月27日 (火)

古都のかほり、鎌倉。

何だ?!このタイトル。どっかの帯番組のパクリみたい?!…実際パクリましたが。

ってなわけで。(どんなわけだ?!)最多出場のマブダチMちゃんと古都、鎌倉散策決定。「何処行く?」なんてツーカーな俺たちに相談はご無用!そう!今回の鎌倉行きの目的はただひとつ!!!「銭洗弁天」の力を借りてゲルピン族からの脱出大作戦!を決行するためなのだ。

「腹が減っては戦はできぬ」なわけで、何が「戦」なんだかとんと分からぬまま、鎌倉では腹ごしらえからスタート。胃袋を満たせば、行き先は唯一つ。待ってろ!セレブ!!とばかりに銭洗弁天へ向かいます。

いやー、あたくし達とおんなじ気持ちのニッポン人のなんと多いこと。みるみる岩屋に吸い込まれてゆく。一攫千金夢見ちゃってる?!えぇ、夢見てます♥(←思う壺)ってなわけで、蝋燭と線香を買い求めいざ湧き水へ。Dsc00403 しかしっ!全く全く線香に火がつかない。…先行き不安…。

蝋燭と線香と共に渡される笊になけなしの諭吉お一人様、それから500円玉もオマケで洗ってみた。ってかなんだか消費税付き、みたいになっちまってますが、これでもかっ!と諭吉と消費税(?)に水をぶっかけ念じる俺。「amoちゃんっ!」いきなり響き渡るマブダチの叫び。「ちょっとー!amoちゃんの笊だけえっらいデカイんだけど?」見れば、Mちゃんも周りの人々もなんだか一回り小さい笊を使用。Dsc00402 えぇぇぇっ?!あたくしそこらの笊を取っただけなんだけど?ここでも守銭奴の血が無意識に騒いだらしい。で、洗った笊を手に、貼り紙の注意事項(?)を一心不乱に読みふけってみた。フムフム。お線香で紙幣を乾かす、ってなわけね!笊ではちょいやらかしちゃったけど、そんな過去のことなんてもう忘れるわ。Mちゃんとふたり、諭吉を左右にひらひら揺らしながら「結構乾くね♥」なーんて話してたら。またもやマブダチの叫びがっ。「amoちゃんっ!」こ、今度は何?!「大変っ!お札はお線香で乾かさないでください、って書いてあるよー」嘘っ!!さんざん「なるほどっ!コイツはいい考えだね、すぐ乾くね」なんて2人して煙に巻かれながら一生懸命乾かしたのは実はやっちゃならねぇことだったなんて。

そんな俺らは更なるゲルピン族脱出大作戦のため弁財天様にこの願いを聞き入れていただかなければならないわけで。で、財布を覗く。煙で乾かすな!という注意事項(?)をスッカリ無視して乾かしたセレブ行き(←あくまでも未定)諭吉お一人様に、更に至って普通の諭吉一名。それからオマケに洗いまくった消費税くん500円玉に、残り…10円と1円玉のみ。お賽銭10円しかない。まぁ、いっか。10円だって立派なお金。「1円を笑う者は1円に泣くのよ!」とココで使っていい格言か何だかよく分からないが、弁天様はお賽銭にケチはつけまい!と10円玉を手に取り、お賽銭を賽銭箱めがけて投げてみたっ!

…で、あえなく失敗。なんてこった!賽銭箱に入らず、転がる10円玉…。今まで生きてきて賽銭箱にお賽銭が入らなかったことなんぞ1度もないのに。隣を見れば誰一人失敗してる人なんて居やしない。縁起悪っ。なんだか未来の金運を暗示しているかのよう。

…で、再チャレンジの末、またもや失敗。賽銭箱の角に当たって、転がる10円玉…。デジャヴっっ?!この光景見ましたけど?嗚呼、10円だけに億万長者が遠(十)のいて行った…?まさかっ!二回も失敗すりゃ、いくら無駄にポジティブなおいらだって凹む!っつーの!!!凝りもせずまた投げつけるのが無駄にポジティブたる所以なんですが。←凹んでねーじゃん。

やったっ!今度はちゃんと賽銭箱へ吸い込まれていきました。お賽銭が賽銭箱に入るのがこんなに嬉しいなんてっ!「一攫千金」を必死に願うあたくし。コレで一安心♥と、三度響くマブダチの叫び。「amoちゃんっ!」な、な、何?(←これまでのマブダチの叫びはロクなことがないので少々慎重になっている)ちょっぴり手こずったけど、ちゃんとお賽銭(10円だけど)も入れたし、何の問題もないはず!と無理矢理自分に言い聞かせ、マブダチのコトバを待っていると…?!「ねぇ、ねぇ!ココに『二礼 二拍手 一礼』って書いてあるよ?amoちゃん、まるっきりやってなかったよねぇ?!」何ですってっ!あたくしってば人間の分際で、礼儀を弁えてない…?そんなあたくしの失態を目の当たりにしたMちゃん。彼女はあたくしを踏み台(?)にし、礼で始まり、礼で終わるという、本来あるべき姿で祈っていた…。チッ。

嫁にも行けず(←まだ諦めてないけどな)、億万長者にもなれないなんて…。いいえっ!この萎びた(失敬!)諭吉様様があたくしをセレブへときっと導いてくれるはず。でも、どうしても気になることが…。境内に居たスカジャン着のイマドキわんこがあたくしを見るや否や吠え出したのは何故なのかしら…。

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2007年11月 5日 (月)

「呪い」満載?な夢の国。

現実から逃れ辿り着いた夢の国…そう!東京ディズニーリゾート♥♥♥1年に1度も行かないくらいのディズニー検定初級レベル以下のあたくし達、超超超楽しんで参りました!

「ランド」へ行くか「シー」に行くか迷いに迷い…混雑を避けるというだけの理由で選んだ「ディズニーシー」。次回は是非「ディズニーランド」へ出向き、ジャック船長に会ってこなくちゃだわ♪…唐突に思い出したけど…未だ「プーさんのハニーハント」に乗ったことがないあたくし。もしや21世紀における生きた化石ですか?キャプテン ジャック・スパロウに会う前に、プーさんのところへ挨拶へ行きやがれ!って感じかしら?!

怪しい(?)コント集団に笑わせていただき、インディ・ジョーンズに群がる「しゃれこうべ」に心ときめかせ(←実はスカルひとつくらい貰いたいと思っている)Dsc00287 ヴェネツィアン・ゴンドラの「願い事が叶う橋」の下では、お兄さん(カメラマンのセンスが悪く若干心霊っぽく写ってますが)の大真面目な歌声に笑いを堪えきれず「ぷっ」と笑いながら(失礼!)「嫁に行けますように」と唱えてみたり(←懇願とも言う)、と本当に楽しかった夢の国。

三半規管の弱いあたくしは前回「レイジング・スピリッツ」に乗って痛い目に遭ったので今回はパス。知らぬ間の一回転にゴン!ゴン!!と首やら鎖骨やらを強打、挙句コースター酔い…。フラフラになって現世へ戻ってみれば、元気を取り戻すまでに30分の時間を費やせねばならなかったのであーる。そんな虎馬(トラウマ)なアトラクションは今回横目で見るのみ。で、気づいた。えー?このアトラクション140センチに満たない人は乗れないってか?あっぶねー!お気づきでしょうが、世界のヤワラと同等クラスのおいらはまんまと140センチ台。あと数センチ足りなかったら乗れなかったんだ…。ってっ!どうせ悪酔いすんだから乗れなくていいんじゃねーの?

今回の俺たちのメインと言えば「タワー・オブ・テラー」でしょうとも。1年に1度も行かないくらいのあたくし達なんでね、未だ乗ったことなかったんだわ。もうホテルの佇まいからして超おれっち好みでワクワク。しかも…「呪い」が絡んでるしぃー♪それにしてもそのアフリカの原住民だかから奪い取ってきた像の名を何度聞いても覚えられない。それこそ志村けん扮する婆ちゃんの「あんだって?!」と聞きたくなるくらいに分かんない。こうなりゃ奥の手!一向に脳みそに刻まれない本名はソックリ忘れます。あたくし達は勝手気ままに「ツンツクツン」と名前を変えて呼ぶことにしました。その「ツンツクツン」の呪いにより、業務用エレベーターから落下することになるわけで、計3回呪われてみたわけでござります。Dsc00286 そして事件は三度目に…?閉園間近の最後の落下。呪われてるっちゅーに、担当のお姉さんにニコヤカに手を振られ扉が閉まった瞬間、エレベーター内部に響き渡る恐ろしい声。

前方の女子高生から「うえぇー」、横の男女グループから「うえぇー」。

えぇぇぇっ?!エレベーター内、老若男女総おっぱっぴー状態っ?!もしやあたくし達も小島よしおの霊に取り憑かれなきゃならんのか?「そんなの関係ねぇ!」と思った瞬間扉が開き、急降下。…助かった…。「ツンツクツン」の呪いのお陰で小島よしおの悪霊(?)から逃れられました。ハルイチさんは大好きだけど、ハルイチさんの舎弟おっぱっぴーは付いてこなくてもいいです。悪霊退散!!!←???

夢のようだった一日から、一気に現実へ引き戻されたあたくし。社会復帰がままならない。辛い、辛過ぎる…。「ツンツクツン」の呪いで、跡形もなく会社吹き飛ばしてくれないかな…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

« 2007年10月 | トップページ | 2007年12月 »