« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »

2006年12月30日 (土)

河豚、たらふくで招福?!

年の瀬も押し迫ったある日河豚、ご馳走になりましたー♥

秘書室 はるかちゃん(仮名)がある日あたくしに言いました。「本部長がご馳走してくれるらしいです!」えぇぇ?なんですとっ?何軒か書いてあるお店の中で、俺たちが選んだのが河豚。秘書室 はるかちゃん(仮名)はお肉が食べられないという、幼少の頃「はじめ人間ギャートルズ」のマンモスの骨付き肉に憧れを抱いたあたくしからは想像できない味覚の持ち主なのです。よってとろける高級和牛(特にレッドソックス入りした彼とおなじ名前を持つお肉を食べたかった)は却下。チッ。←amo心の舌打ち。数々の強敵を打ち破り(?)消去法で勝ち残った河豚。あたくし前にも述べたとおり、役員のお世話係を未だクビにならず続けてます。秘書室 はるかちゃん(仮名)はほんまもんの秘書ですが。そんな本部長(←海外勤務有のため話の端々に英語が登場してしまう)命名の「secretary会」はあたくし呼んでもらってもいいんだろうか?だって秘書室 はるかちゃん(仮名)に「secretaryっ何ですか?」と聞いたおバカなあたくしですがっ?本部長直々のご指名だし、タダ飯なんでね、断らずにお供しますけど♥♥♥

いやー、詰め込みました。めいっぱい河豚を体内に。美味しかったけど、胃下垂のあたくしは下っ腹がポッコリ出てました。妊娠5ヶ月くらい?ってか、便秘知らずのあたくしには押し出し方式、、、超辛いーーー!!!安産だったけどね♥

そんな会の最中、2年目の女子の電話応対の話に。「いやー、あの子はスゴイなっ!」。えぇ、あたくしもそう思っていました。ある日大代表にかかってきたあたくし宛の電話を取り次いでくれた彼女。「お疲れ様です、amoさんにおじいちゃんからお電話です」…おじいちゃん…?ウチの祖父は会社になんざ電話しねーぞ?「えっ?おじいちゃんって???」「名前言わないんですけど、amoさん宛のお電話です。声がおじいちゃんなんです」…おじいちゃん…???尚もあたくしの中で必死に考えるも該当者ナシ。ダメだ、埒があかない。「分かりました(イヤ、何も分かってないんだけど)こちらで受けます」ガチャ「あー、amoちゃーん?」何年も前に退職されたM部長でした。ま、確かにおじいちゃんではあるけれど。そんな恐ろしい取り次ぎをしてしまう彼女なので、何かしでかしてはいるだろうと踏んでいましたが、まさかそこまでとは。

本部長が外出から戻ると電話メモが残されていたらしい。がっ!普通の電話メモとは明らかに違うT(彼女の名前)メモ。仮に新藤さんから電話がかかってきたとすると、「シンドウ様よりお電話ありました」などと書くのが一般的です。しかし彼女にかかるとメモは「シ?様よりお電話ありました」となってしまうのです!オイオイ、残り3文字どうしたっ???本部長は「アレは俺を試しているのか?せめて電話番号くらい聞いてくれれば分かりそうなもんだけど、一文字だけじゃ誰だか分からないよ」。その通りです、「名探偵コナン」でもあるまいし、会社で謎解きする必要はないのです。彼女は韓国で仕事するにはいいかもしれません。韓国の苗字はやけに短い、「ぺ」さんだとか「イ」さんだとか、「オ」さんだとかがわんさかいるわけで。一文字なのでその後の「?」は不要ですからっ!生まれた国、間違っちゃったね。

そんなこんなで話は弾み、胃に何か入るスペースなんぞ残されていないあたくし達を次に待ち構えていたのはケーキ。遠まわしに断ったのに、酒がすすんだ本部長の耳には届かず。もはやココまでくると拷問にすら感じられます。河豚をたらふく食べたので、どんだけ福が舞い込んでくるかと思いきや。翌日あっさり寝坊しました。封印していたポン酒まで飲まされたからなのっ?お陰様で心臓が弱っている人をあの世に送ってしまうであろう、スッピンも人様に晒すことなく、家を後に出来ました。それもこれも、女子のたしなみ朝シャン(←響きが古い?)をしなかったからだよっ!!!心なしか髪の毛がペットリしてる。髪の毛をいじる時間もないので、起きぬけのペットリヘアーに櫛も入れず家を飛び出しましたが。ってかあたくし臭くないかな…。

先ほど終わった年賀状書き。しかし、ココでも事件(?)。今回は白 or シルバーのペンを使用して書きました。amo妹が買ってきたシルバーペン。「何かコレおかしくない…?」よーく見るとシルバーではなく「薄墨」…。お目出度い年賀状に薄墨なんざ使えねーじゃん!一年の締めくくり行事の年賀状書きにもスットコドッコイ発揮のamo姉妹。コレじゃー、福は舞い込まないっスね…。

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2006年12月22日 (金)

夢のマスコット☆ボーイ。

あー、ビックリした。何故にハルイチさんのブログにKOMATSU?!N.Y.ヤンキース 松井秀喜に代わって2007年からKOMATSUマスコット☆ボーイになるのかと思いました。相変わらず早とちりはオテノモノ!ですが、ハルイチさんのブログにお邪魔するたび「KOTATSU」を「KOMATSU」と読んでしまいます…。

せっかく間違ったんで(?)、このまま突き進みます。何年か前の冬、赤坂にあるコマツ本社ビルまで、上司に頼まれて資料を届けに行ったことがあります。「コマツビル1階のソファーに座って待ってて」。上司の指示はこうでした。がっ!奥まった場所にあるソファーにたどり着くには超難関の受付嬢が待ち構えています。コマツ担当者に用があるわけもないあたくし、超難関を突破することができず、ずーっと自動ドアの前で佇むことになってしまいました。待てど暮らせどやって来る気配すらない上司。時間、間違えたか…?そんなあたくしを受付嬢は怪訝な顔で見ています。そりゃそーだ!胡散臭いこの上ない女子が何も言わず誰とも会わず、ヒッソリコッソリ立っているだけなんて何のために来ているのか意図がサッパリ掴めないんだから。そんな冷たい視線に負けそうになりながらもようやく到着した上司。「なーんだ、座って待ってれば良かったのに」。無理ですってば!勝手に座れませんってば!!受付嬢に睨まれ(?)ましたってば!!!(←被害妄想)ソレに貴方、コマツの社員じゃないでしょーがっ!と心で叫びながら、上司に書類を手渡し、一度もソファーに腰をおろすことなくコマツビルを後にしました。

そんなあたくしを憐れに思ったのか、その後なんだかんだとゴジラ松井グッズがamoに集中。松井カレンダー(松井の笑顔満載♥)や、松井ロゴ入りタオル、松井マスコット☆キーホルダーなどなど。Photo_6 野球にとんと興味のないあたくしはキーホルダーのみ手元に残し、残りは欲しい人にあげちゃいましたけど。箪笥の肥やしならぬ、机の肥やしと化したキーホルダーを久方ぶりに引っ張り出してみました。コレって毎年出してるのかな…?今年も松井カレンダーは(ユニフォーム姿満載♥)、部内で何本か見かけました。

炬燵…それは冬の魔物です。炬燵に足を入れたが最後、もう抜けられない。もう未来永劫、炬燵にご厄介♥の気分です。ぐうたらな遺伝子を我が子に受け継いだことを悟った母は、炬燵を買ってはくれませんでした。洗練されている都会派でもないamo家に炬燵はありません。なので友人宅で囲む鍋パーティーのときに炬燵を思いっきり満喫します!やはりニッポンの冬には炬燵が似合います。ソコに「みかん」と「どてら」が加わればもう立派な昭和の風景。和の心…素敵です♥♥♥そういえば炬燵 DE 鍋パーティー(場合によっては「どてら」着用)のお知らせ来てないな…。新年会やらないのかな…。

それはそうと「ねえさん」って誰ですか?あまりちゃんと観たことないんで、高嶋弟主演のドラマ「HOTEL」で高嶋弟が必死に呼びかけていた「ねえさん」も未だ誰だか知りませんけど。

追伸:春爛漫(?)ライブ、今から超楽しみです♥♥♥

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年12月12日 (火)

Happy Weddingの片隅で事件。

ココ最近の寝不足のワケ…結婚式での余興で使う小道具作りで夜なべしてたの。通常、この女子憧れのセレモニーは一生に一度。マブダチMちゃんのためにいっちょ素敵な記念日作りのお手伝いをしますかっ!目の下にクマを作って頑張りましたとも♥♥♥

しかし。この良き日にとんでもない事件があたくしを待ち構えていようとはこのとき思いもしませんでした。

クロークにコートを預けてチャペルへ向かいます。席に着いて恐ろしいことに気がついた。あたくしもうひとつバックを持って…?ない、ないっ!ご祝儀(&財布)の入ったファーのバックがなーいっ!!!顔面蒼白とは正にこのこと。凹んだ気持ちで賛美歌もろくすっぽ歌えず、心ココにあらずで神父様のお話も右から左へ通過中。Mちゃんの一生に一度の晴れ舞台に、あたくし何やってんだ?しかもあたくしこの後、受付嬢にならなくてはいかんのに。立ち寄った全ての箇所を探すも一向に出てこないファーバック。もうひとりの受付嬢のAちゃんにも、同期にも散々迷惑をかけ、見つかったのは受付終了間近。フロント前のソファーに置いてあったらしい。そして同期Yちゃんのヒトコト。「バックの中身も全部残っているなんて、ニッポンって素敵ね」。そうね、その通りね♥でもそんな素敵な国、ニッポンを称える前に己のバカさ加減を呪いなさいっ!!!はっちゃくの父ちゃんが父親だったら、間違いなく張り倒されてるぞ、amo。

初っ端からそんな自業自得事件に遭遇したあたくし、連日の睡眠不足と相まって披露宴スタート時には既に疲労の色が見え隠れ。ゲストとしてかなり間違ってます。披露宴はアットホームな雰囲気のまま進み、Mちゃんのお色直しのお時間。と司会者が「新婦のブーケをご友人のamo様…」えっ?今なんて言ったの???振り向けばMちゃんがソコに居て、あたくしにブーケを差し出した。この感激分かる?Photo_5 三十路に突入したらね、涙腺は緩みっぱなしになっちゃうの、涙もろくなっちゃうの。感激で鼻の頭を赤くしながら涙を落とすamoのテーブルにはこれまた三十路の同期達。「もらい泣き」も三十路特有の特徴です。ひとり残らず一青窈。

でその後に余興よ。あれはねー、呼ばれる前緊張しっぱなしなのよ。鼓動は早くなり、過呼吸気味に。あたくしの余興初体験は小学校高学年。叔父の結婚式で弾いたエレクトーンでした。チェッカーズ全盛時代だったからその曲に決めたんだけど、今思うとその曲ヤバくね?だって「哀しくてジェラシー」なんですけどっ?結婚式に「哀しみ」と「ジェラシー」なんて縁起悪っ!のWパンチ。だって誰も止めなかったんだもん。小学生にはその曲結婚式仕様かどうかなんて分からないもん。でも、今もって夫婦円満な叔父夫婦なんでいっか♥

…話を戻します。でウチラの出番。ま、ココで詳しく書くのもこっぱずかしいので割愛するとして、80%成功と言えるでしょう!親族チームからもお褒めのお言葉を戴きました。どうやらMちゃんの素敵な記念日作りに俺たち同期は一役買えたようです♥

そんなこんなで結婚式もそろそろお開き。Mちゃんのパパママ宛の手紙にまたも三十路テーブルはひとりとして欠けることなくハンカチを濡らし、新郎父の挨拶に爆笑しながら心温まる披露宴はお開きとなりました。

二次会・三次会と酒をかっくらい、調子ぶっこいていると気づけば恐ろしい時間。ココ、ドコだっけ?ヤバイ!終電なくなるよっ!!!とヒールで駆け足をせざるを得ない状況に陥る、相変わらず詰めの甘いあたくし達。ブーケすっごい嬉しかったけど気づいちゃった…。一都二県、ブーケを持って帰ることにより自ら世間に「負け犬」を公表していたことに…。

なんとか終電に間に合い(間に合わない人も居たが)、ようやく着いた自分の駅。suicaのチャージあまり残ってなかったよな…。改札でドゴンと挟まるのはイヤだし、とりあえず最低ラインの英世をひとりチャージしとくか。諭吉がチャージ機に吸い込まれお釣りとして出てきたのは…一葉。くーっ!押すトコ間違えたっ!英世4人帰ってこいやー!!!最後の最後まで自業自得事件をブチかましてしまったあたくしでした。

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年12月 8日 (金)

ダークな気分に浸れる本。

切なさの三段落ち…?全て空回りしちゃったんですね、ハルイチさん。ボンネットをそっと閉めるハルイチさん。外部フィルターをそっと外すハルイチさん。お邪魔虫になりさがってしまったハルイチさん。想像するとドレもコレも笑えます。ぷっ♥♥♥

「大地の子」、気になりながらも辛くなりそうで、未だ読んでないのです。根暗(?)ですから、くっらーい本は大好きです♥しかしながら、睡眠不足が祟ってエナジー激減なあたくし。相当弱ってます。危険信号点滅で瀕死の重体です。こんな状態でダーク物語と戯れるわけにはいきません。半死人から目出度く人間に復活できたら読んでみようかな。

自分が気になって買った本は、「チッ」と舌打ちしたくなるような内容だったとしても、とりあえず最後まで読む努力はします。ぐるりと巻いてある帯に何度騙されたかしれませんけど。友人知人のオススメとあらば、自分の好きなジャンルじゃなくてもゴール目指して頑張ります。事実、それで面白かった本もあるわけで。しかしながら最後までどうしても読めなかった、読む努力すらできなかった本が一冊。T課長に借りた「悪魔の飽食」…これはさすがに無理でした。ダークを通り越してマックロクロスケです。暗黒残酷BOOKに認定します。そんなダークなノンフィクションをT課長にそっと返しました。もう二度と会うこともないでしょう…。ってコレ、続編もあるの???

今のあたくしには眼に映るこの世の全てのモノが「ゆりかご」に見え、耳に入る全ての音が「子守唄」に聞こえます。広げた資料(数字の羅列)は更なる眠りの淵へと誘います。嗚呼、誰か手招きしてる…。(←幻覚症状炸裂。かなりな重症を物語っています。)今のあたくしならばのび太くんに負けるとも劣らない寝つきのよさを披露できますとも。

この時間帯一番危険…そっと退社してもいいですか?

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2006年12月 3日 (日)

テンションの大波小波。

ココ最近、そんなにどんより気分だったのですか?「寄せては返す」を「引いては返す」と書いてしまった間違いに気づいて更に落ち込んでますか?が!しかし!!ハルイチさんのブログ更新を心待ちにしている人々にとっては、この間違いに感謝してるはずですよ?だってそのお陰でまたひとつ更新されたわけだしっ♥♥♥それに、大した間違いじゃないです、そんなの。もっとスゴイ人間を知ってます、あたくし。

その名も後輩K。「ねー、amoちん「余命いくばくもない」って知ってる?」と問われたので「残りの命が僅かしかないって意味でしょ?」と答えたら「それって有名なのー?amoちん、なんで知ってるのー?」と後輩K。有名もなにも、、、と思っていたら「飲んでるときそうやって言われたんだけどさ、嫁行く場所もない?男なのに意味ワカンナイって答えちゃって、大爆笑」って。余命僅かしか残されていない哀しい話をお笑いに変えてしまった後輩K。それにしても、おーまーえーっ!そんなコトバあたくしに言ったら命はないものと思え!殺人事件にまで発展しかねなかった知らないでは済まされない大間違い。あっ、意味を知ってて無意識に間違ったハルイチさんとトンチンカンな後輩Kじゃ、罪の重さが違いますか。

とある場所で今日、福引券を貰いました。えーっ?SD賞に「プレステ3」?えぇーっ?!HD賞に「Wii」??えぇぇーっ?!D賞に「DS」???脳トレが気になりながらも未だgetできてない「ニンテンドー DS」。巷で需要と供給のバランスが取れていないamo的三つ巴ゲーム機がココに集結。この際ドレでもいい、getしてホクホクした気持ちで帰りたい。5回引けるっつーことは?もしかしたら全部貰えちゃうかもー♥と他力本願バリバリで廻したガラガラから出てきたのは…全て赤玉。チッ。テンションの波、下がりまくり。やわらかでもなんでもない普通のティッシュ5つを抱いて帰りました。

「m-CABI」毎日聴いてますよ♥♥♥どれも素敵で捨て曲ナシ!そんな中でイチバン気になる「横浜リリー」。893な彼の恋人、リリーって戸籍上(←大げさ)は「百合さん」or「百合子さん」なのかなぁ?サブ地元が横浜なのに「汽車道」を知らなかったあたくし。ワールドポーターズに続くあの道、「汽車道」って言うんだ、へぇー。確かにレール引いてあるしな。893な彼は、毎日危ない橋を渡っているから、欄干のぼるくらい朝飯前なんスかね?でもアレ、絶対危険ですよ?何度も通ったことあるけど、そんな危険を犯す人、一度たりとも見たことないです。ずーっと前、その汽車道で撮影している椎名桔平さんを観たことならあります。顔がちっさくて、えっらい男前でした。893な役じゃなかったからか、欄干にはのぼらず地に足つけて演技してましたけど。ハマでの予期せぬオットコマエ発見に、あたくしのテンションに津波注意報が発令されたのは言うまでもありません。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2006年11月 | トップページ | 2007年1月 »