« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »

2006年10月25日 (水)

諭吉の束。

諭吉が299人(以上)束になっても買えないギター?!それって腐るほど金箔が貼り付けてあったりだとか、施したスカルの目玉に大粒のルビーやダイヤモンド、若しくは金歯が埋め込まれているのですか?それともご神木(樹齢500年くらい)で作った「しめ縄飾り」付きとか…?そうじゃないのに諭吉299人(以上)召集かけないと購入できないなんて…嫁の着物を質屋にいれたくらいじゃ到底買えませんって。ま、嫁が吉永小百合だったら話は別ですけど。サユリストが目の色変えて高値更新するはずですから。…話が逸れた…。雨ニモ負ケズ風ニモ負ケズ、毎日毎日500円玉貯金に励んでも、1年後に365枚、たったの182,500円ですよ。ゴールは果てしなく遠すぎます。

楽譜の読み方をすっかり忘れているあたくし、ヴィンテージ☆ギターを扱うお店どころか普通の楽器店にも足を踏み入れません。あ、そういえば。こないだ’貴方の街の山野楽器’ in amo街っく天国(←なんだ、ソレ)にポルノ時代のTamaさんのサインを見つけました♥♥♥こんなトコロ(と言いつつも地元は好きです)にも有名アーティストが来るんだっ!と妙に感激しましたとも。他の方のサインもありましたが、Tamaさんのサインを見つけてから、Tamaさん以外の方は全て忘却の彼方へ、記憶から零れ落ちました。目を皿にして確認しましたが、残念ながらハルイチさんとアキヒトさんのサインはありませんでした。チッ。

諭吉の束にお目にかかることがほとんどない庶民のあたくしの財布の中身…。定期代を使い込んだ挙句、稲造たった一人。でも今日はお給料日。久々に諭吉と銀行で逢瀬です♥今イチバン心ときめくイケメン…間違いなく諭吉です。

…使い込んだ定期代の穴埋めのことは…忘れます。

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2006年10月14日 (土)

赤っ恥、amoっ恥!

友達が二人目出産。ってか、彼女に限らず友人達は二人目をポーンと産み落とし、早々に打ち止め。そんな彼らは次にコマを進め、家 or マンション購入続出。絵に描いた幸せ家族の団欒がそこら辺にゴロゴロしてんの。結婚のご祝儀が落ち着いたら、今度は出産祝い(1人目)。すぐに続・出産祝い(2人目)と続き、ここ最近は新築祝い。何?この幸せウェーブの嵐。数々の波に乗り遅れたこの負け犬から搾り取るだけ搾り取るおつもりですか?(←被害妄想炸裂中)オイオイ、ばら撒いた分は取り戻せよ、amo!…ってイカン、イカン。話が逸れとる。(↓↓ さぁ!ココから無駄に長いですよっ! ↓↓)

で、話を戻すと友達が二人目出産。一人目もおんなじ病院で出産してるし、方向音痴機能を搭載したあたくしですが「任しときなっ♥」くらいの勢いで意気揚々と。余裕で着いた病院受付で「すみません、Yさんの病室は何処ですか?」と聞いてみた。予想を裏切り白衣の天使は「?」顔。「Yさんですか?…Yさん、Yさん…?そんなお名前の方は入院していませんけど?」えーっ!?ちゃんと旦那さんから「amoちゃん、生まれたから逢いに来てねー♥」って連絡貰ったしっ!!!と、漫画ならココで看護婦の横に電球が光輝く絵が描かれちゃうんだけど、「もしかして○○病院に来たのではありませんか?こちらは△△病院ですが」とな。うっそーっ!同じようなところに病院作んじゃねーよっ!!と自分の方向音痴を棚に上げ上げのあたくし。アンタ、一度この病院に来てんだよね?…疲れたな…。←疲れすぎて恥ずかしさがぶっ飛んでいる。

夏のイベント、河原でBBQでの出来事。肉・肉・肉・肉・肉・野菜という素敵な響きを感じながら目に優しい景色でお肉をいただく。旨い!のヒトコト。日も暮れてきて、片づけを始めるKちゃんの様子がおかしい。タダゴトではない痛がり方に救急車を呼ぶことになってしまったのだ。河原まで3台の車で分乗してきたのだが、無免許amoは(役に立たないので)強制的にKちゃんに付き添い、救急車に乗り込むことに。救急隊員の見事なハンドルさばきで病院に到着し、すぐにKちゃんは担架で運ばれ診察室へ。ひとり残されたあたくし、病院の受付で呼び止められました。

「付き添いの方ですね?それではこちらに記入をお願いします」出されたのは受付の書類らしい。「すみません、今住所も電話番号も分からないんですけど…」とココでも何の役にも立たないあたくしが答えると「分かる範囲で結構です」とのお返事。えーっ?分かる範囲って何の意味もない気がしますけど?と思いながら仕方なく用紙に向かってみた。

「名前欄」ココは完璧だわっ!(←勝ち誇るamo心の声)さらさらとKちゃんの名前をフルネームで記入。「住所欄」住所ったって番地なんて分からないけどー?アルツくんに侵されている脳みそから何とか地区まで搾り出し…気づいた。「ハダノシ」、、、オーマイガッ!!!漢字が分からねぇ。「すいませーん、ハダノシの漢字がワカラナイんですけど♥」なんていい年して聞けませんって。

違うと思われる「泰」と「奉」を消去法(みのもんた風味で言うところの50/50)にて消去。残るはamo内で生き残った「奏」という漢字。この「奏」に望みを託し「奏野市」と記載。なんか、ソレっぽいじゃん♥コレで良し!提出、っと。他の友達も合流し、Kちゃんの具合もそれほど悪い状態じゃないことを知り、ご家族に挨拶を済ませ早々に退散することにした。で帰りの車で見かけた看板に愕然。正解は「秦野市」。くーっ!惜しい!ってか惜しくても字、間違ってますから!バカ丸出しのあの書類、書き直させて…。

ある日後輩のHさんが不注意からズッシリ重みのあるデカ金庫に指を挟んでしまった!近くの診療所まで付き添うことに。当然彼女はすぐ診察室へ、受付に残されるあたくし。「付き添いの方ですね?こちらに記入をお願いします」またっ?でも会社の住所書けばいいし、大丈夫じゃん♥と思って用紙に向かう。初っ端の記入項目、彼女の苗字を思い出し…嫌な予感…的中っ!なんで難しい方の「ハマ」なのー?さんずいの先は…。いい年こいて「すいませーん、ハマって漢字の難しい方ってどんなんでしたっけ♥」なーんて聞けやしない。仕方ねぇ。ぐちゃぐちゃにして誤魔化しちまえ!正解は「濱」。彼女の指も大事なかったのでそのぐちゃぐちゃ(苗字)の用紙を提出して早々に診療所を後にしました。

最近左眼の調子がとんと悪い。あっかんべーをしてバーコードがないのを確認。ヨシ!無しっ。(←当たり前)メガネっ子にはもう厭きました。でもアンタ、病院の受付無事に突破できるの???お気づきでしょうが、病院の受付はamoにおける鬼門です。ロクな目に遭いやしません。…ってかお前の無知が原因なんだって?!

どうですか?こんなおバカさん。いい年ぶっこいてひとりじゃ目的地に辿り着けず、漢字も書けない。「現代のコンピュータ社会がイケナイのよっ!」って己のバカさ加減を社会に責任転嫁するところがもはや終わってますか?これでも漢字検定受かってますけど。…資格剥奪?くすっ★

| | コメント (8) | トラックバック (0)

2006年10月 8日 (日)

Wendy…の悲劇。

聴きました、聴きましたとも♥何がイチバン気になったかと言えば、そりゃハルイチさんのボーカル!ハルイチさんにハートを奪われているamoからしたらこれしかないでしょう!!!良かったです、「ウェンディの薄い文字」。曲も可愛いし、ハルイチさんの歌声が「薄い文字」って感じを醸し出してました。イメージにピッタリ♥それにしてもあのブックレット、ちょい絵が怖くないですか?PVの可愛いウェンディとは似ても似つかないし…。

通勤の、外出のお供にiPodで日々ウェンディを連れ出して聴いているわけです。昨日もウェンディを耳元で囁いて貰っていたら…魔のWendeyが悲劇をそこまで連れてきていました。

久しぶりに表参道へLet's go。原宿界隈のwinding roadを歩き廻り、疲れたあたくし達は腹ごしらえをすることに。せっかく表参道くんだりまで来たんだから、もちっといい店に行けばいいんじゃ?という声が聞えてきそうですが、そうです、お察しの通りWENDY'S原宿店へ入ったのです。地下はガラガラで座りたい放題。バカ話をしながらバーガーにかぶりつくあたくしに悲劇は起こってしまった!!!気づけば白さが命!の白シャツにトマトの赤い汁がベッタリ…。あり得ないっ!(←ヒステリー)ってかドンくさっ!!

想像してください。表参道のファーストフード店のトイレでシャツを洗う女…。どう考えても尋常じゃない。トイレに入ってきた(推定)18歳女子は一心不乱に洗い続けるあたくしを見てビックリしてました。「どうぞ♥」とトイレをにこやかに勧めるあたくしを見て引いてました。そりゃ、そーだ!あたくしだってそんな得体の知れない女を見たら、ビックリするどころか恐怖すら感じるに決まってます。神様は何でもお見通し。あたくしがそんな災難に苛まれることを数時間前に予想していたのでしょう。ラフォーレでたまたま買ったセーター、コイツのお陰でハダカンボで帰らずに済みました。不幸中の幸いです。これで風邪なんか引いた日にゃー、目も当てられませんからっ!…タグは背中に付けっぱなしでしたが。

当分「ウェンディの薄い文字」を聴くたびに、「ウェンディ(ズ)」繋がりでこの恐ろしい事件を思い出してしまいそうです…って、もしやコレって喜劇?!

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2006年10月 1日 (日)

在りし日の思ひ出、栃木。

それにしても2ヶ月近く休みナシって…。ソレって「ハネウマ」じゃなくて、「バシャウマ」なんじゃ…?!

「飲むなら乗るな、乗るなら飲むな」ですね、正しく。しかしこんなにも酒気帯び運転が世間で横行してるなんて思いもしませんでした。いくら自分が気をつけていても車の方から飛び込んできたら…ゾッとします。そう言えば深夜の首都高速上り車線で車が横転してるの見たことありますけど。太陽にほえろ!(←古っ)の撮影でもなかったし、どういう運転したら車の天地が逆さまになるのか?って話です。アレ、運転手に怪我なかったのかなぁ。2時間ドラマなら確実に血だらけで死んでますよね?

ようやくウェンディちゃん(仮)で栃木を楽しんできたようですね♥「いろは坂」を華麗なるドラテクで走ってきたんでしょうか。三半規管の弱いあたくしに峠道の良さはとんと分かりません。景色を楽しむ前にお陀仏です。「こんな自分がかっこいいと思いすぎ違反」…素敵です♥ロケンローラーたる者、Goodな意味で自分に酔いしれなくちゃ!!!

日光へ行ったと言う事は観光スポットに「華厳の滝」も入っていますか?自殺の名所と言われるくらいの滝ですから、そりゃもうカナリな水量。滝壺へ思い切って飛び込めば絶命間違いなしだと思われます。

同期と日光方面へ旅行したときのこと。いるんですね、雨女。…確かそちらも雨には縁があったような…?世が世なら神の使いだと崇められた「雨乞いの巫女」と呼ばれるくらいの雨女で。一緒に旅行すればたちどころに雨が降ると言う100%の雨女っぷり。当然日光観光も雨模様でした。「雨具だけは忘れるなっ!」を合言葉にみんな雨具の用意は万端。次は「華厳の滝」という頃になって雨脚は更に強くなり、ほとんど豪雨。元々「日本三名瀑」のひとつなので轟轟と流れ落ちる水しぶきは壮観なのに、豪雨も手伝って安全な場所から眺めているはずのあたくし達まで生命の危機を感じるほど。ある意味貴重な体験ではあったものの、まだ死にたくないっ!と早々に「華厳の滝」を後にしたことを思い出しました。他にもいろんな観光スポットを廻ったはずの日光の旅。しかしながら命を削って(?)眺めた「華厳の滝」のインパクトが強すぎて、他をほとんど思い出せない有様です。

ホワイトアウトや豪雨に見舞われる天災&飲酒運転などに巻き込まれる人災。運転とは常に危険と隣り合わせです。ライダー☆ハルイチさん、事故にだけは気をつけて日本全国のワインディング☆ロードを堪能してください♥

追伸:「アポロ 広島弁Ver.」輝く第1位、オメデトウゴザイマシタ♥♥♥

…今の今まで「霧降高原」を肉食の食いしん坊万歳!なあたくしは「霜降高原」って読んでました…。とろけるお肉の名産地なのかしら?と。バカにも程があります…。

| | コメント (8)

« 2006年9月 | トップページ | 2006年11月 »