« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »

2006年9月24日 (日)

発見!ロリィタ・XY185。

地元にはロリィタちゃんがいるの。ある日見かけたロリィタちゃん。髪はおさげ、白いエプロンドレス(勿論ミニスカ)の胸には可愛いさくらんぼちゃんがついています。足元はドレスとコーディネートした白いハイソックスとおデコ靴。

ただひとつ普通のロリィタちゃんと違っていたのは…彼女は長身のオッサンだったのです!!!

大人になると変なプライドが邪魔してか「好きなものは好き!」と大きな声で言えなくなることもしばしば。それなのにそのロリィタちゃんは誰になんと思われようとも、二度見されようとも我が道を突き進むの。歩き方にも「あたしを見て♥」と言わんばかりの自信が満ち溢れてるし。年上の彼女に対する言葉としては適切じゃないかもしれないけど、「可愛い」んだな、コレが。

映画を観た帰り、またまたロリィタちゃんとすれ違いました。今回はヘッドドレスも着けた、ピンクのミニスカワンピ姿。でもっ!ワカメちゃんも敗北を感じるほどスカートが短いの、短すぎたの。言ってもワカメちゃんはアニメキャラだし、小学生だし、パンツ丸見え大作戦!でも世間は許してくれます。「可愛い」と言われるかもしれません。でもお年を召した♂のロリィタちゃんはどうなのっ?しかもお尻だけじゃーなくて、前もバッチシ丸見え!禁断のトライアングルゾーンはあたくしと言えども凝視できなかった…。パンツもピンクで統一されていたから、もしやそれが彼女のボトム…?

「神」と崇められていた昭和天皇が敗戦で「人間宣言」をするという重いストーリーの映画「太陽」、それを観た後だっただけにロリィタちゃんとすれ違うギャップに一同唖然。終戦から60年後、剃りあとが青いsexyなロリィタちゃん(♂)が街を闊歩するなんてGHQも想像しなかったに違いない。

あたくしは一応世間から「女子」と認められているし、生理学上でも染色体XXの「女子」なわけです。なので正々堂々女子トイレにも入れるし、レディース料金で映画を観ることもできます。彼女に比べたら負け犬なんて「屁」でもないのかもなぁ…と自分の行かず後家っぷりを正当化するのは間違ってますか?

| | コメント (19)

2006年9月20日 (水)

MISONI大総力祭。

MISONI☆Birthday、オメデトウゴザイマス。正々堂々、会社からトラヴァです。MISONI = 32(ミソニ)。男子たるもの、30代から輝きを増すものですからっ♥♥♥アキヒトさんやスタッフの皆さんから総力を挙げてにお祝いして貰いましたか?…あと半日ありますが。東京のお天気もすこぶる快晴で、ハルイチさんのお誕生日を祝福してくれているようです。MISONIになったハルイチさんの更なる輝きっぷりを期待します!

スタジオにカンヅメ、お疲れ様でござります。カスタムバイク・ウェンディ(仮)ちゃんに乗れない日々が続いて、「切ない」と言うコトバに重みが増す今日この頃でしょうか。逢えない日が続けば続くほど、想いが募れば募るほど、その後の逢瀬はとびっきり素敵なものになるはずです♥あたくしは今製作中のアルバムとのspecialな逢瀬を心待ちにしております。あっ、その前にシングル発売でした。カナリア☆ハルイチ、楽しみにしております。

ハルイチさんのBirthdayからおよそ三月後、こちらも誕生日を迎えてしまいます。ってか364日後に必ずきてしまう魔の日。もう全く全くHappyじゃないんですけど…。

そんなこんな(?)で今から銀座までお使いに行ってきます♡ ←だから何だって?そんなこと宣言されても困るか。

| | コメント (10)

2006年9月12日 (火)

来るか、ポカリ☆ミラクル!

くーっ!!!落選だぜ、ポカリライブ。C1000に引き続き2連敗。確認メールで「もしかして?」と確認してもやっぱり…。

占いを全く信じないあたくし。未来は己の手で切り開け!を信条に生きてきた結果が負け犬ですけど。ま、ソイツは置いといて。ある日の「めざましテレビ」の占いコーナー。いつもは度外視するトコロだけど、目に付いた生まれ星座の射手座が総合2位にランクイン。でもってラッキーアイテムに「応募シール」なんて書いてあるじゃあーりませんかっ!!!こ、これは神の思し召し?ってか稲妻に打たれるような啓示だーっ!(昨日の真夜中、雷神大暴れ!だったし)と。まだ応募してないシールが6枚あったので、最後の抽選でスッカリ当選する気満々のあたくしは、正々堂々会社から1口応募してみました。で気がついた。ラッキーアイテムをどういう扱いにしたらいいのか、と。今日中に応募すること?買うこと??さてドッチ???そう思ったあたくしは、本日中に買わねば!応募しなければ!ともう何かにとり憑かれてしまったかのように頭の中は「応募シール」のことでイッパイ。仕事もそこそこに鐘と共に去りぬ、決定。

6枚中会社で1口応募したってことは、最低でもあと4枚シールをgetしなくちゃならん。こないだ駅近のスーパーに売ってたからソコに行こ♥と向かった売り場には…。抽選最後の週だったのでほとんどシールが付いてないっ!オバチャンに白い目で見られながらわざわざ奥からシール付きのポカリを取るも3本のみ。チッ、あと1枚足りないじゃないかっ!近くのコンビニ等を巡るも1本としてシール付きがない…。そんな失意のあたくしの目にどーんと飛び込んできたのが大塚製薬の自販機。シール付きか否か自販機では出てみなくちゃ分からない。えーい!一か八かじゃ!!!

ゴトン。

…シール無し…。くそーっ!何が何でも、射手座2位の本日中にシールを集めて応募しなければならんのに。結局あと1枚が見つからずシール付きポカリ3本とシール無しポカリ1本を持ってトボトボと家路に着くamo。

あたくしいつも適当に生きております。それが功を奏したのか、家に残っていたシールはなんと2枚。1枚勘違いしてやんの。今日getしたシールは3枚。ヤッター!我が射手座好調日の本日中に1口応募可能じゃん♥♥♥

で…落選。こんなのアリ?!ココまで苦労して落選かよ…。

初めて行ったライブが「花王ヘアケア祭 in 武道館」。(←うろ覚えだけど)中坊のあたくし、ハルイチさんが言うところのヒーローがコンタでした。バービー見たさに幼なじみUと花王製品で応募して当てたそのライブ。箱買いできる財力を持ち合わせていない中学生に、応募できたハガキは多分1枚か2枚。それで当選ハガキを見事getした遥か昔のあたくし。オトナになった今、金に物言わせ(←そうは言いつつ毎度ゲルピンですけど)ポカリを一気に3ケース購入後、ちょこまかとコンビニ等で買ったポカリも結構な数。「下手な鉄砲、数打ちゃ当たる」って言ったのドコのドイツだよ?前に出なっ!と言いたい気分です。イヤ、あたくしなんかよりもっとたくさん買った方もいらっしゃると思いますが。大塚製薬の工場にまで手を合わせたあたくしの立場は…?この当落、純真無垢だった中学生amoと社会の荒波にもまれ薄汚れてしまった中堅TSUBONEamoのココロの透明度の違いなの…?

…と言うわけで我が家の冷蔵庫には、見るたびに切なくなるブルーボトルが並んでます…。文字通りブルウ(憂鬱)ボトル。

遅ればせながら。7周年オメデトウゴザイマス。オギャーとこの世に生れ落ちた赤子もランドセルを背負うまでに成長する年月。今後の更なるご活躍、期待しております♥♥♥

重ねて。カスタムバイク納品、オメデトウゴザイマス。THE 夢人島Fes.2006で感動のフィナーレを飾った「希望の轍」に出てくる烏帽子岩をウェンディ号(仮名)で見に来ませんか?海に浮かぶ烏帽子岩満喫後は当然胃の保養!海沿いにある「珊瑚礁」というカレー屋さんがオススメ♥…つってもあたくしNaNaNa湘南ガールじゃないんで、モノホンのNaNaNa湘南ガールの受け売りですけど。だってコミコミで入れなかったんだもん。やっぱりR134をぶっ飛ばす、、、ってのがライダーなのかと。受け売りはいかんな、と思ってとりあえず友達と食べに行く約束だけはしときました!あっ、ライダーヒトリとしていないから四輪で☆

…気づいたけど茅ヶ崎市と鎌倉市になっとるわ・・・。

| | コメント (6)

2006年9月 9日 (土)

アナタハ誰デスカ?

ニッポン的夏の風物詩…と言えば怪談話。(←またコレかよ)相変わらず背筋が寒くなる話が大好きなあたくし。今年こそ「戸板返し」をこの目で!と思っていた歌舞伎「東海道四谷怪談」も人間国宝、一龍斎貞水の「牡丹灯篭」などの講談も稲川淳二の「怪談ナイト」も観ること叶わず…。そうこうしているうちに夏は過ぎ去ろうとしています。

THE 夢人島Fes.2006、参戦前日に浜松入りしたあたくし達は、ホテル代を浮かすべく親戚宅にご厄介。新幹線から在来線に乗り換え親戚宅へと向かいます。最寄り駅から乗る終バスはとっくに走り去った後。仕方ないのでここからはタクシーを。ふと時計を見ると21時30分をまわっていました。何気なく聞いていたタクシー無線に一同唖然!「○○車、焼き場の駐車場まで一台、どうぞ」「了解」。

?!?!

今「焼き場」って言った?横に居るamo妹(アモマイ)を見るとヤツもびっくりしている模様。こんな時間に火葬してるわけはないし、じゃ何で火葬場の駐車場からタクシー呼ぶの?タクシーが迎えるその人ってば足がなかったり、乗せたはずの乗客の姿は消え、シートがグッショリ…ってことになるんじゃ???

その謎は当日解けず、翌々日帰りのタクシーで解明しました。なんでも、その日何某かのコンサートがあったようで、その会場が火葬場の近くだったそう。なーんだ、そういうコトか。つまんねーのっ。帰りのタクシーの運ちゃんに会場を教えてもらったので、どんなコンサート?と気になって帰宅後ネット検索してみたんだけど、HITしなかったのは何故なのかしら…?

「はとバス」のミステリーツアーもまるで事件ナシ。前回は奇奇怪怪事件?!がいくつかあったのに…。ま、前回も怪奇現象は全くなかったんですが。滞りなく見学を終え、東京駅で解散。丸の内側に居たあたくし達。八重洲側に行こうと地下に降りたところに恐怖は潜んでいた!

端っこから地下に入ってしまったらしく、人通りのない通路をぐるりと廻らなければならない構造になっていたの。Mちゃんとバカ話しながら歩いていると、駅構内にヒッソリコッソリ佇む人発見。近づくにつれ、その人物がかなり怪しいことに気がついた。このくそ暑い夏真っ盛り、肌が全く見えない。シャツにミニスカート、そして黒いタイツ。真夏にタイツかいっ!と横を過ぎるときに振り向いてみたあたくし。座敷童もビックリ!な最近とんと見かけない真っ黒なオカッパに、アキラくんも真っ青!!なデカメガネにブラック・ジャック先生だってそこまでデカいマスクはしませんけど?的なデカマスク。…必要以上に顔を隠してる、という雰囲気。

口裂け女…?まさかっ!ってか古っ!!!

気になりながらも八重洲側に向かってぐるりと廻ったあたくし達。ソコで気がついた。(仮称)口裂けWARASHI(注:光GENJIでも中堅TSUBONEの仲間でもありません)は誰からも見えない死角にヒッソリコッソリ立ってるの、立ってるだけなの。気になって気になって仕方ないあたくしは、もう一度戻って確認してみることにした。Mちゃんにその度胸はなかったらしく、対岸で待つことに。「amoちゃん、無事に帰って来てね」そのセリフ、既にその人物を危険なモノとみなしているかあるいは黄泉の国の住人だと思っている証拠ね…。前線に送り込まれる前日、生きて帰れるか分からない家族や恋人との別れを惜しむ特攻隊の気分です。

ひとり来た道を戻るあたくし、今度は真正面からの勝負!(←何の勝負だよ…?)戻ってきたあたくしを凝視するその(仮称)口裂けWARASHIを正面から確認すると…。超薄気味悪ーい!凝視されたのも勿論ゾゾッときたけど、真っ黒い手袋までしてるんですものっ!「スチュワーデス物語」のドジでノロマなカメ(堀ちえみ)から教官(風間杜夫)奪還に燃える義手マリコ(片平なぎさ)のコスプレなの、ソレ。是非、「ヒロシッ!」と威嚇しながら、口で手袋外して欲しいもんだわ。顔もなんだか人形っぽいし、男か女かの区別もつかず。汗ひとつかかず徹底して肌を露出しないその姿はある意味天晴れではありますが。…もしかして鈴木その子亡き後を継ぐ美白の女王だったのか…?

そんなこんなで(仮称)口裂けWARASHIのお陰で違った意味のコワくて楽しい時間を過ごせました♥やっぱり事件は、会議室じゃなくて現場で起こっているのね。

しっかし。なっげーわりにオチねーなー。いいのか、こんなんで。

| | コメント (10) | トラックバック (0)

« 2006年8月 | トップページ | 2006年10月 »