« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »

2006年4月26日 (水)

日常生活に潜む危険。

ポストを覗いたら、「マンションだより」が入っていた。いつもは見ない「マンションだより」だけど、暇だったのも手伝ってどんなもんかと開いてみると。「サラリ」と書いてあるが「サラリ」とは到底流せない我が目を疑う一文発見。

「当時警備員体制が夜間2名でしたが、チンピラの侵入より2名の警備員が拘束されるという事件が発生しました。これがきっかけとなり夜間、警備員1名の増員と警備会社とのホットラインを設けました」、とな?えぇぇぇ?!

LA・LA・LA LOVE SONG 拉致・監禁?!

さて問題です。この一文、一体何処が間違っているでしょうか?「LA・LA・LA 拉致・監禁!」(勿論、久保田利伸の曲に合わせてね)正解!…ではなくって。拉致・監禁とは言いすぎだとしてもよ?警備員さんってばパンチパーマ&小指ナシ(多分)に自分の意思とは関係なく連れて行かれたというのっ?しかもあたくしが住んでいるこの地で???そして事件発生後の対策として警備員1名の増員って…?(他にも対策あったけどさ)

そういえば。こないだ黒ベンツを筆頭に続く5、6台(国産車)が交通ルールを全く無視した止め方をした。正に、キキキーッ。という音と共にお世辞にも真っ直ぐとは言えない止め方の後続車からバタン!バタン!!バタン!!!と明らかなチッちゃん★スタイルな出で立ちのあんちゃん達が先頭のベンツめがけて降りてきた。こ、怖い。確かに80年代ヤンキーには慣れてますけど、かれこれ15年以上前の話だし。も、もしや?あたくしの同級生もあの中に居たのかしら?しかし怖くて確認できませーーーん!あんちゃん達と目が合ったら確実に石になる!と命辛々逃げてきました。(←ってか何もされてないじゃん?)もしや、警備員拘束事件もこやつらが下手人か…?

そして一度ダークな街に迷い込み怖い思いをしたことがある。ちょっと裏に入っちゃった「錦糸町」ってば、胡散臭い路地に明らかに893な方々、得体の知れない外国人がわんさか居て、ダークな街から超浮いていたおいら達を凝視してた…。生きた心地がしなかった!とは正にこのこと。何もされちゃーいないが、される前に逃げるが得策!と一目散に表通りへ。健全な明るいオーラを放つマルイ。そんな表通りのマルイが心強く見えた。でもわざわざ「錦糸町」に怖い思いだけ残して何しに行ったんだっけ…?

そんな893と間接的に戯れたあたくしがオススメする映画は「インファナル・アフェア」。極道モノ観ないからね、マフィアで。香港マフィアと警察の手に汗握るどんでん返しストーリー。主演のトニーさんが素敵だし、狸の置物のようなマフィアのボスに、実写版ゴルゴ13のような警察ボスらの出演でストーリーだけじゃなく、脇キャラで二度楽しめます♥胡散臭い香港が舞台っていうのがまた堪らない!…でもコレ、ハリウッドでリメイクするらしいね?きっと本家本元には適わないでしょうよ。なんかまた観たくなっちゃったなー♥♥♥トニーさんに会いに夜更かし…イヤ。ダメだっ!まだ水曜日になったばっかし。先は長い…。

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月24日 (月)

私の頭の中のタツノオトシゴ。

定期的に本屋を物色するあたくし。好きな作家(漫画家)の新刊が出たらすぐさま読みたいし、好みな作家を開拓したいし。で、いろいろ探していたら目に留まった一冊。何年かぶりに人が死なない本を買ってみた。コレは、推理小説でもないし、連続殺人鬼のノンフィクションでもない。人間に悪さをする霊魂も妖怪も魑魅魍魎も登場しない。

その名も「海馬」。脳みそに「海馬」という部位があるのは前から知ってたし、脳みその名前なのにちょっと素敵な名前なので昔から気になっていた。しかも表紙にはあの「糸井重里」の名前まで書いてあるじゃーないか。パラパラめくると「三十歳を過ぎてから頭はよくなる」というくだり発見!買ったっ!!! ←即決!

かなり重度のくるくるぱーのあたくしですら頭がよくなれると言うのなら590円は安いと言うものよっ!!!

ココ最近、人やモノの名前が出てこなかったり「アレ」や「ソレ」を連発してしまうこと続出のおいら。既にアルツくん予備軍…?!「私の頭の中の消しゴム」は映画の話でなく、amoの脳内でも起こりつつあると確信していたのだ。このままだとかなりヤバイことになる…と。三十路で自覚症状があるってことは最終的には人間であることすら忘れてしまうのではないか?という恐怖。

でもね、この「海馬」を読んで目からウロコ。「言ってしまったことが未来を決める」べく、言葉は呪いなんだそうだ。脳はひとつのことを決めたがり、安定化しようとするから、イイコトを言えばその通りになり、ワルイコトを言ってもその通りになるらしい。自分で自分を「バカ」って決めたらそうなってしまう、んだと。じゃー、自分は「天才!」や「美人!」って思い込んだらそうなるって解釈でいいんだろーか???思い込みの激しさなら誰にも負けないあたくし。…するってーと?今日から「才色兼備♥」に決定!!!(←本の中にはいろいろ書いてあるのにココだけピック★アップしていいのかなぁ…?ま、いっか。)

さてさて。自分は「才色兼備♥」っつー誰も頷かないが、自己満足なオチも出たことだし、またスリルとサスペンスな読書の旅へ戻るとするか。次なる獲物はダン・ブラウンのデビュー作「パズル・パレス」。その後「TRICK」も「陰陽師」も控えているし、また寝不足の日々が続くな…。            

           

「海馬」…①(sea-horseの訳語)Ⅰ.セイウチおよびトドの別称。Ⅱ.タツノオトシゴの別称。②ジュゴンの誤称。③脳の内部にある古い大脳皮質(古皮質)の部分。その形が、ギリシア神話の神ポセイドンが乗る海の怪獣、海馬(ヒポカンポス)の下半身に似ていることからこの名がある。

| | コメント (9) | トラックバック (0)

2006年4月21日 (金)

振り返れば…?

♪何処に行くの?こんな雨の中♪という問いがぴったりマッチする土砂降りの中、役員のお使いにでかけたあたくし。超ド級の方向音痴という有難くないオプション付きの脳みそには地図を解読するという機能は備わっていないため、初めて行くトコロはいつも緊張しまくりです!だけど恐怖の「穴」はソコじゃーなかった…。本日初参戦の場所は難なくクリア。やればできるじゃーん♥意気揚々の帰りの電車でソレは起こった。「Excuse me.」と声を掛ける男性約一名。おそるおそる振り返ると、                                             

 …サモ・ハン・キンポー?!

「振り返ればサモがいる」主演:織田裕二 サモ・ハン・キンポー(但しそっくりさん)

嗚呼。また?またなのね?!英語を拒否して生きてきたあたくしはまた英語で道を尋ねられてしまうのね?!?!きっと何事もなく無事にお使いを済ませたあたくし、安堵感からバカヅラして電車に乗っていたんだろうよ。そんなあたくしの心の内なぞお構いなしに路線図を片手に「ooimachi!」と叫ぶサモ。どうやら彼は「大井町」に行きたいらしい。何故「大井町」?そこでチャイニーズの集いでもあるんだろうか…?イヤ、そんなことを言っている場合ではないのだ。「大井町」のコトならご存知!なあたくしだけど、それを英語でどうやって伝えるかご存じない!あたくしなのだよ…。「ooimachi?Yes!」と答えた後が続かないおバカなおいら。で閃いちゃった♪乗り換えって教えればいいんだから「チェンジ!」だと。そこでバカの一つ覚えで「チェンジ」の嵐!連呼!!リフレイン!!!サモの顔には「???」が満ち溢れていた。だーかーらー!山手線だと永遠に「大井町」には行けないばかりか、おんなじ駅をぐるぐるしちゃうのよっ!次の駅で乗り換えなのよっ!

かくなる上は次の駅でサモを山手線から引きずりおろして京浜東北線に無理矢理乗せちまおう!と強行手段に出ようと思っていたその時分、サモはあたくしに三行半を突きつけていた。「Thank you.」と立ち去るサモ。←でも絶対有難く思っていないサモ。このまま(アモ&サモ)コント(?)を続けていたらサモは一生大井町に行けないもんな…。

英語を話すのが欧米人とは限らないワケで…。ナンシーにもヤラレましたが、まさか次なる刺客がサモだとは思いませんでした。しかも場所が山手線内だとは…。完璧に油断してました、不覚…。

| | コメント (5) | トラックバック (1)

2006年4月16日 (日)

危機イッパーーーーツ!

金曜日朝のホームは電車を待つビジネスマンや学生でごった返し。チッ。また電車遅れてやがるな。チビッコイおいらは車内の澱んだ空気を吸いながらの出勤決定!えー、またー?ウンザリだよ。頼むぜ、JR東日本!!!

今回の電車の遅れは「車両故障」で「人身事故」じゃーないけど、「人身事故」で二度と思い出したくない虎馬(trauma)アリのamo。

その日は友人の家でおしゃべり三昧の帰り。2駅しか離れてないから10分弱で自分の駅に戻れるはずだった。ところが…?!次の駅で急ブレーキっ!!!危うくドアに頭を打ち付けるところだった。何っ?何なのっ?!

会社の先輩Kさんにいきなり「ウチのお父さん人殺したことがあるんだよねぇ」と言われて驚いたことがある。えぇぇぇっ?!ひっ、人殺しの娘?!と驚いたあたくしに「うん、地下鉄の運転手だからねぇ」と一言。ビックリしたよ、何の脈絡もなく言うから。その先輩がある日「amoちゃーんっ!今日人身事故があったみたいで、踏み切り渡ったら石で留めてあった新聞紙が風で飛んで中見えちゃったんだけど、ピンク色の肉片だったのー!当分お肉食べられなーい!」という話を聞いてワクワクしちゃった悪魔のamo&同期Hちゃんにも「駅のホームでジュース買ってたら何か転がってきたの。何かと思ったら目玉だった」と言われまたまたウキウキしちゃった鬼のamo

そんな話を聞いてたけど、まさか自分が乗っていた電車で人身事故が起こるとはっ!!!車掌さんの「只今落ちた人の救出をしています」というアナウンスと共に電車が少し後ろに下がった。前方の車両に乗っていたのでホームや他の電車とかから見えないようにブルーシートで目隠ししてるの車内から見たし。…救出してるの生きてる人間じゃーないよな…。

ぎゅるるるるる。

Warning!緊急事態発生!緊急事態発生!!

と脳から体内へ警報サイレンが伝達された。さっきからオカシイ?!と思っていた腹が一気に急降下。ヤバイ。(←amo心の声)車掌のアナウンスは「救出をしておりますので、しばらくこのままでお待ちください」と繰り返すばかり。その間もあたくしの急降下止まらず。ヤバ過ぎる。(←amo心の叫び)そのうち「現場検証が終わるまでこのままでお待ちください」に変わり、いつもの病んでるamoなら「やっぱ生きてないよねー」と思っていたであろうが、既に一刻の猶予も許さないほど切羽詰った状態のあたくしは「くそー!落ちたヤツもう一度ブチ殺す!」と心の中で毒を吐いた。先頭車両はホームに突っ込んではいるがドアは閉まったまま。車外へ逃げる道は三つ。

 ① 運転手にワケを話して運転手の扉(手動)から外へ出る。

 非常レバーでドアを手動で開け、車外へ出る。

 ③ ひ弱そうなじーさんを椅子から引きずり下ろし窓から脱出

①の場合、非常事態宣言発令中でちゃんとした対話ができる保証ナシ。却下!②の場合、非常レバーの使い方がワカラナイ。力を入れた途端非常にマズイ事態に陥る可能性アリ。却下!!じゃ、残る手段は③のみ…?ともう限界を超えたあたくしが出した結論でそれを実行に移そうと思ったその時。隣の車両のドアが開いているのを発見した。地獄で仏!!!神はあたくしに微笑んだ。この世のあらゆる神に感謝の気持ちを叫びつつ、猛ダッシュで車外へ飛び出し一目散でトイレへ駆け込んだ!!!

ふぅ。間一髪でセーフ!!!あんなところで「おもらし」しないで本当に良かったよ。末代までの大恥さらすところだった。(ってかこのままだとあたくしが末代になる恐れアリだけど)

でもね、見事生還したあたくしだけど、それから電車が駅じゃないドコかで止まるとあのときの恐怖が蘇り心臓バクバクしちゃうの!結局、地獄のような腹くだしと20分以上も死闘を続けたわけで。そりゃー、虎馬にもなろうってなモンだよ。「出物腫れ物所嫌わず」ってコトバを肝に銘じたあの事件。(ってかこの事件も病んでいるあたくしへの天罰なのか?)

世の鉄道会社様。ダイヤを絶対乱さないか、若しくは車内にトイレ設置してくれませんか?(乱したヤツには極刑を!あたくしには「ストッパ下痢止め」若しくは「救心」を!!)

あっ。最近はちょっとくらい電車止まっても大丈夫になったけどねっ♥

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月12日 (水)

実(げ)に恐ろしきは人間なり。

今夜も霊感ゼロ、とんちんかん100%のamoがお送りしております。

コドモの頃の愛読書は、「恐怖!心霊写真集」。好きなテレビは「8時だよ!全員集合!」「あなたの知らない世界」。(イヤ、本当はドリフも大好き♥)お盆の時期、必ずやっていたこのテレビ。かじりついて観てました。…そう思うとコドモの頃から病んでゆく要素ばっちり…?

そんな幼少時代を経て、大人になって「東海道四谷怪談」で有名な「お岩稲荷」へ行ってみました♥「四谷怪談」と言えば、田宮伊右衛門が私欲に迷い、妻お岩を憤死させ死骸を川に流すがその亡霊によって悩まされ自滅するというダークな物語。そんなお岩さんを祀っている神社なんて一体どんなオドロオドロシイいわくが…?!とワクワクしていたらば。実はお岩さん、健気で幸せな一生を送りそれを祀っている神社なんだそうだ。お岩さん死後200年経っても神社に参拝する人が後を絶たないため、作者の鶴屋南北がその大人気(今で言うKAT-TUNくらいか?)のお岩さんを主人公におっとろしい歌舞伎を書いたらしい。…ってかひどくない?勝手に殺しちゃったり、ヒドイ目に遭わせたり。お岩さんあの世で怒ってるよ?絶対。(あたくしがお岩さんなら間違いなく、作者を呪い殺してます♥)

…じゃ、なんでテレビや映画を撮る前にお参りしないと呪われるんだ?「お岩さん」を「お岩」って呼び捨てにすると祟られるって聞いたことあるけど?はっ!あたくし今すっかり敬称すっ飛ばしちゃったけどっ???(←ヤラれるかな…)Photo

そして車に戻ってから気づいた。お岩さんと同じようにまぶたが腫れているのを。…に喰われたっ!!!これも祟りなのーーーっ?!分かる?腫れてるの…。腫れてるだけで肉が崩れてなくてホッと一安心のamo。

(痒いけど)気を取り直して。今度は大手町のど真ん中にある「平将門の首塚」へLet's Go!晒し首が胴体を捜し京都から江戸まで飛んでくるなんつー伝承、超凄くなーい?(女子高生風味♥)怨霊化もそこまですりゃすげーよっ!!!で、おいら達は夜も暗くなってからその首塚で写真を撮った。もうね、真っ暗。何が何だか…?とそこへ何かの気配。「その写真はパワーが宿っているから粗末に扱わないでっっ!」といきなり見ず知らずのオトコが碑の後ろから出てきた。…アンタ…誰?!将門より怖えぇぇよ。お前は現代に蘇る将門の眷族かっ???Dsc00295_1

でこれが噂のパワー絶大(らしい)写真。何か写ってる???とんちんかん度はかなりな勢いのamoだけど、霊感は残念ながらゼロ。何か写ってるのを確認された方、是非ご一報ください!!!

…って何か写ってたらどうしよう…。

今回の件で学んだこと。イチバン怖えぇぇの怨霊や亡霊よりも人間ってことだ。「あの人(amo)超怖いよね~」って言われないように注意しよう…。えっ?!意味間違ってる???てへ♥

| | コメント (6) | トラックバック (0)

2006年4月10日 (月)

脳みそが拒否してます…。

また寝る前にハルイチさんのブログ★チェックを!と思ったら…。嗚呼。この話題、脳みそが拒否ってます…。英語は苦手です。この世から抹殺したいくらい苦手。ココは島国、ニッポン国ですからっ!!!

たまーに英語で電話をかけてくる不届き者がいます。片言の日本語すら話さないアイツを殺してやろうかと毎度毎度思います。ニッポン人は、海外旅行に行くときそれなりに勉強したり、話そうと努力するのにソイツは…全く英語のみを話します「ココはニッポンじゃ!ニホンゴ話しやがれ!!!」と怒鳴ろうにも英語が話せないのでいつも尻尾を巻いて逃げるあたくし。これではイケナイと思いつつ、…思うだけ。隣席の同僚がトム若しくはジョンだったらあたくしだって頑張って話しちゃうけどさぁ。

某課長(英語ペラペラ)に「amoちゃんは、英語話せるようになりそう」とこの間言われました。その課長絡みで幾人かの外国人を仕事で紹介されましたが、いつも笑ってごまかすバカ丸出しのあたくしのドコを見て言ったのかまるで分かりません。それはおしゃべりだからなのっ???(しかしながら英語バージョンときは借りてきた猫のように無口なあたくし)確かに大げさな身振り手振りでニホンゴを話しますけど?!ソコだけは欧米人の仲間入りできそうです♥

ハルイチさん、英語の勉強頑張ってください。ナンシーに心奪われたまま、勉強進みますか?…進まないっすよね。コイワズライってヤツは厄介だしっ。ナンシーの恋も気になりますが、自分の恋のが気になるのでもう寝ます…。

嗚呼。ナンシーが夢に出てきそう…。あたくしの夢に出演はオッケーだけど、頼むから日本語で!!!英語でまくしたてたりしたら速攻撃つ!!!…ハルイチさんの愛しいナンシーを殺しちゃうかもしれません…。

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2006年4月 9日 (日)

開けずのボックス。

間違っているニホンゴを堂々と流暢に話すamo。(←既にこの短い文でさえも間違っている)それなのに役員と戯れる業務もしています。「秘書」なんてゆー、世間一般の「有能でちょっとエッチ(?)な美人」というイメージからは離れてください。間違ってます。完全に違います。だいたいあたくし「秘書」なんかじゃーない。言うなれば…「お世話係」?「イカレた中堅TSUBONE」ってイメージはコッチでしょうよ。そんなお世話係なあたくしは何人かの役員を担当中。当フロアでの最上級役員、副会長も担当しております。…ってかそんな役員の「お世話係」なんて誰が任命したんだよ。お喋りZOKKON命!(※昭和の発言。「命」と書いて「ラブ」と読む)なシャベッタリーナなおいらなのに何が悲しゅうて私語を一切必要としない副会長の「お世話係」になったのか。謎。当社の七不思議のひとつに数えられます。

フロアには行動予定表が置いてあるの。「本日の予定を書くコーナー」です。そんな地位と名誉のある方々の名前は当然地上から離れた最上階ブロック(上座)にある。前々から宣言している通りおいらは世界のヤワラと同等サイズで、150センチの大台にも乗れないチビッコ★ギャング。そんなあたくしが役員の行動をスラスラと書けるとお思い?えぇ、えぇ。書けますともっ!!!何故だと問われればっ!零9酢さんのコピー用紙を踏み台にしてるから♥この「B4サイズ・5個セットボックス」は「開かずのボックス」ならぬ「開けずのボックス」。何人たりともこの箱を開けることは許されない。いつもコピー用紙を持ってきてセットしてくれる零9酢さんにだって「ストップ!オープン・ザ・ボックス・キャンペーン」の趣旨を話し、賛同してもらった。ホッ。これであたくし安泰!

と思っていたある日。気づいたら「開けずのボックス」が「開いちゃってるボックス」に変化しているではないかっ!だーれーだー?!俺様がこのフロアで一番大事にしていると言っても過言ではないボックスを断りもなく開けたヤツ…。許せん!

当フロアで踏み台を必要とするのは当然あたくしのみ。そんな他人に無用なモン誰も買っちゃーくれないので仕方なく300円ショップにて(百均には売ってなかった)買ってみた、噂の踏み台。チッ。おじさんに「amoちゃん、それお風呂の椅子?」って聞かれた踏み台もどき。違います!お風呂の椅子を何で会社で使うねんっ!でもね、この「もどき」じゃ一番上の副会長コーナーに届かねぇ!!!…最上階ブロックに鎮座している役員達を1階ブロックまで集団引越しさせていいですか?…

誰かあたくしに脚立(50㎝以上)を買ってください。若しくは私語厳禁の「お世話係」代わってください。並びに「開けずのボックス」を開けたヤツを八つ裂き又は晒し首の刑にしてください。(しかしながら未だホシ挙がらずのため捜査続行中)

| | コメント (4)

EXILE ≦ ZOO な千手観音ダンス。

素敵なライブ堪能!!!で、アドレナリン大放出!!!したみたいですね♥やっぱり自分がLOVE!と思っているモノに囲まれているときは誰もが幸せです。

ハルイチさんでも「choo choo Train」になっちまうのはビックリしました。…ってかあたくしのようなチビッコイ人間には真っ平らなライブハウスのような空間ではずーっと「choo choo Train」のひとり千手観音ですっっ!!!右…?左…?また右…?えぇぇ?また左?!みたいな。(決して上になれない)しかも昭和の人間に相応しく、「EXILE」ではなく、「ZOO」の方で。…「ZOO」のデビュウって平成でしたっけ?!

そしてやっとゆっくり「7th LIVE CIRCUIT ”SWITCH” 2005」を観ました。あの日の感動が蘇り、正にアドレナリン出血大サービス!ってなくらい放出してみました。兄貴★子分コント(コントじゃーない?)や大爆笑のMCがカットされていたのは残念でしたが、地方特有の映像が観れたのはファンとしては堪らないお宝満載。そしてライブ映像で目を皿にして観ましたが「見た目3階席」なあたくしは全く全く映っておりませんでした。ガッカリ。でもホールなんで「choo choo Train」にならなかったのは良かったっス!(アレ、疲れるんで)…ハルイチさんもアキヒトさんも手のひらに乗っちゃうサイズでしたが。

そしてワケもなくスキー場で雪にまみれながら「choo choo Train」踊った記憶が蘇りました…。勿論「ZOO」の方で。

| | コメント (4)

2006年4月 5日 (水)

でじゃぶー?

わすらいづも一緒だったっぺ

  わすはおめぇさ めんこく飾ってあげったっぺ

    でっかくなるため、っつー別れならわすも頷くっぺ

  それがわすとおめぇの「ですてにー」っつーんなら…

なしておめぇさ、わすから逃げるっぺ?

  わすはまんだおめぇと別れだくないだっぺ

    そん時はまんだ来ねぇと思ってただ

  別れさいきなす わすの前に降ってきたっぺ

おめぇさなくした右手が辛か                                  

                                    

でじゃぶー?どっかで聞いたこのさぶいぼボコボコのポエム。・・・ってかこの人御国はどちら?の人なワケっ???(←書いたお前が分からなきゃ誰も解りゃしねーよっ!)北から南から訛りチャンポン注意報…。おバカです!ってかあたくしかなりなおポンチです!!!今度は右手人差し指。またまたファイルを取り損なって・・・ってソコも同じかいっ!はっきり!ぱっきり!!ばっきり!!!イッちゃいましたー!!!またまた目の前に転がるたんぱく質の塊。はぁぁ。なんて学習能力のない女なんでしょう。自己嫌悪っス。 もしかしてPartⅠ(←そうそう、コレコレ。バカ丸出し)

あたくし「何フェチ?」と聞かれりゃー迷わず!「指フェチ♥」と答えちゃうねっ!!!男子の細くて長い奇麗な指見るとウットリしちゃう…♥神経質そうな手で、利き腕が「左」だとしたらもう秒殺!されます。確実。何でだろ?ヒダリギッチョに弱い。前世で何かヒダリギッチョに悩殺されまくり事件でもあったんだろうか。ま。優男風味が好物のあたくしなんで、そんな優男風味に似合うのは神経質A型!っぽい指だわ。ゴツゴツのガテン系には全く興味のないおいら。仲良しMちゃんは、作業服が似合っちゃうようなワイルドな狼的男子が好みらしい。うーん…分からん。逆においらがかっちょいい!って思うヒョロリン男子にはMちゃん目もくれず。「蓼食う虫も好き好き」ってなヤツか。

それにしても爪の統一また先送り…。コンタクト出し入れし易くなって良しとする?そして妹に言われたコトバ。「爪なんかのばさなければ、もっと楽に生きれるよ?」…ごもっとも。

| | コメント (5)

2006年4月 2日 (日)

勘違いと変換機誤作動の狭間で。

プレゼントを探すのが大好きなあたくし。あげる人のことを考えながら、あれやこれや勝手に想像しちゃうのが癖。だから、組合のボーリング大会や社内忘年会の景品も選ぶの立候補しちゃいます♥だって自分が貰うかもしれないなら、自分の欲しいモンがいーぢゃんね?

そんなわけでオヤジさん達に頼まれることもしばしば。春は出会いの季節でもあり、別れの季節でもある。長年働いたH顧問がこの3月いっぱいで退職することになった。「amoちゃん、また送別の品考えといてくれる?」「はーい♥」と二つ返事でオッケーのおいら。

そんなこんなで妹とふたりでデパートへ買い物へ。こないだバカラのグラスとウェッジウッドのペアソーサーはあげちゃったから、違うモノにしよう!とあれこれ物色した。ご自宅で使えるもの…と探していたとき、ちょっと素敵なペアグラスが目に留まった。コレ、第一候補!とツバをつけて、他を廻った。妹に「amoちゃん、どーするの?」と聞かれたので「ん?ミルトンのグラスも良かったよねー♪」 「…ソレ、哺乳瓶の消毒液だけど…?」はっ!しまった!!!それを言うならミントンだよ…。デパートの真ん中でデカイ声で叫んでしまった。哺乳瓶消毒液なんて70歳を過ぎたおじーちゃんには必要がないっっ!恥ずかしいので、その場へ戻れず、結局MIKIMOTOの置時計にした。

そして。同い年の友人Nが沖縄でBarを開店することになった。初めて就職した先は横浜にあるホテルのバーテン。元々の素質もあったんだろうが、接客業が得意な彼。ドイツでも六本木でも働いた。留まることを知らない彼は今度は沖縄へ!学生時代の愉快な仲間達からお祝いの品を贈ることになり、またまたあたくしがしゃしゃり出てみたのだ。普通、開店祝いって胡蝶蘭が多いけど、ちょっとおやっさん臭いし、あたくし的にはちょっと…と今流行りの枯れないお花を贈ろうと思ったamoはまたまたデパートへ。親切丁寧に応対してくれたデパートのおねーさんのお陰でお洒落なお花を贈ることができた。家に帰って「amoちゃん、Nに何贈ったの?」と妹に問われ「ん?ブリザードフラワー♥」「…ブリザード…?吹雪???」はっ!しまった!!!あたくしずーっと「ブリザード」って思い込んでたけど「ブリザーブドフラワー」だよ…。デパートのおねーさんに場所を聞いたり、頼んだりと最低3人に「ブリザード」って連呼したけど、誰一人として「お客様、それはユーミンの歌にもある『吹雪』ですが」とは教えてくれなかったぞ!

嗚呼。穴ガアッタラ入リタイ。昔から勝手な変換をして覚えるのが癖のあたくし。そういえば昔「異論反論オブジェクション」を先輩に「淫乱氾濫オブジェクション」って何ですか?と聞いて大笑いされたことがあった。ニュースのコーナーに淫乱が氾濫したらまずいだろうよ。間違いなく筑紫哲也は降板です…。

「お前のバカさ加減には父ちゃん情けなくて涙が出らぁ!」とはっちゃくの父ちゃんに投げ飛ばされる決定のamoでした。

| | コメント (6)

ハルイチ VS アキヒト

あら、いやだ。寝ようと思って最後にハルイチさんのブログ★チェック!と思ったら更新されちゃったりなんかして。でもまた書きにくい話題になっとりますが?

ハルイチさんのポスターを貼るハルイチさん。これが友達なら「このナルシストがっ!」と言っちゃうあたくしですが、天下の、しかも男前の、ハルイチさんには口が裂けても言えないセリフ。

じゃ、アキヒトさんのポスターを貼るハルイチさん。これが友達なら「…女に興味ナシ…?」どちらにしても口が裂けても言えないセリフ。

解っています、前者(おナル)も後者(おホモ)も違うってコト。でもその貼ってあるポスターを見たハルイチさんに近しい人達はきっと笑ってくれるんでしょう♥微笑ましいぢゃー、ないっすか?!

そんなに余ってるならポスター、あたくしにくれませんか?売り飛ばして金にします。「目指せ!男前ハルイチへの道」と書いて会社に貼っときます。会社のイケてない男子達をイケてるハルイチさん風味に変えちゃいたいからです。…ま、元がハルイチさんじゃーないんでドコまでハルイチさんに似せれるか、って感じですけど。

…春爛漫のこの季節、桜を愛でましたか?ハルイチさん。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年4月 1日 (土)

花見だ!ワッショイ。

今年もお花見の季節がやってきた!お花見!ワッショイ!!!…でも何?この寒さ。「寒」戻り過ぎじゃねー?!

徳川家の菩提寺「増上寺」の桜を愛でつつ、何故か「お好み焼き」を喰らうというヘンテコリンなアフター5ツアーを慣行。名づけて「女だらけの大喰らい大会」…オイオイ!お花見が消えたぞ?地べたにブルーシートを敷いて、桜を鑑賞しつつ酒をかっくらう。これぞ!ジャパニーズ・OHANAMI♥ってのはオヤジ達に任せて、(しかし、オヤジ達は桜なんぞ見ちゃいねーが)イケてるおいら達は趣向を変えてみたのだ。

増上寺と東京タワーに境内の桜が入る構図はそれは見事な「和と現代と美の融合」。あまりに美しいこの景色。My♥ブログに載せましょう!と思っていたのだが、あたくしの携帯ってば既に3年目を迎えた古女房(MOVA)で、このビューティホーな景色を全く綺麗に撮れやしない。あたくし以外のチーム・女だらけ軒並み若奥様(FOMA)だったので素敵なPhotoを撮って貰い送信して貰った。わーい♪これで載せられる…?あん?!インポート画像は載せられないの?チッ。意味ねーじゃん。ということでこんな写真になり申した。

Dsc00834_3 ・・・マネーができたら古女房を捨て、若奥様に素早く乗り換えます。だってこの写真「お花見!ワッショイ!!!」なのに桜が全く出演されてませんが?文字通り「華がない」…。これじゃ、ただの東京タワーの写真じゃねぇぇぇ?!タイトル変えるか…?

増上寺から東京タワーに向かう小道、コレがまた素敵なのさ。桜が風に舞って散る「桜吹雪」のとき。気分はもう梅沢富美男。勿論BGMは「夢芝居」しかなかろう。♪芸の~カラクリ夢芝居~♪…知ってる?この「富美男通り」(amo勝手に命名)は一軒の価値アリ!どすえ。

次なるツアー最終目的地、「大喰らい大会」へと突入したチーム・女だらけ。お好み焼きは関西には適わない!って常々思っているあたくしだけど、ココは旨い!の一言!!!コース(飲み放題)で山のように出てくるお好み焼きとかねぎ焼きとか餃子とかに満腹中枢はHELP!の嵐。しかもこんなに食べて飲んで3500円は激安!です。節約主婦もグルメール男爵も満足するに違いない。あまりの量に最後の焼きそばはアイスクリームに変更して貰いました。しかも「桜味のアイスクリーム」。美味いっ!締めも綺麗お花見!ワッショイ!!!で終焉を迎えました♥

| | コメント (2)

« 2006年3月 | トップページ | 2006年5月 »